大西 良嗣の聖書日課 6本

RCJメディアミニストリー「ふくいんのなみ」のトップページへ戻る
大西 良嗣

大西 良嗣(オオニシ ヨシツグ)

所属:宝塚教会

大西 良嗣の聖書日課(日付順)

より確かな平和を目指して

サムエル記下 19章

だがダビデは言った。「ツェルヤの息子たちよ、ほうっておいてくれ。お前たちは今日わたしに敵対するつもりか。今日、イスラエル人が死刑にされてよいものだろうか。今日わたしがイスラエルの王であることを、わたし自身が知らないと思うのか。」 サムエル記下 19章23節

平和を望む忠実な者の知恵

サムエル記下 20章

わたしはイスラエルの中で平和を望む忠実な者の一人です。あなたはイスラエルの母なる町を滅ぼそうとしておられます。何故、あなたは主の嗣業を呑み尽くそうとなさるのですか。」 サムエル記下 20章19節

責任を問うことと憐れみ

サムエル記下 21章

ダビデはそこからサウルの骨とその子ヨナタンの骨を運び、人々は今回さらされた者たちの骨を集め、サウルとその子ヨナタンの骨と共にベニヤミンの地ツェラにあるサウルの父キシュの墓に葬った。人々は王の命令をすべて果たした。この後、神はこの国の祈りにこたえられた。 サムエル記下 21章13節~14節

貧しい民を救い上げる主

サムエル記下 22章

あなたは貧しい民を救い上げ
御目は驕る者を引き下ろされる。
主よ、あなたはわたしのともし火
主はわたしの闇を照らしてくださる。 サムエル記下 22章28節~29節

主の民にとって権威ある王

サムエル記下 23章

エルアザルはペリシテ人に向かって立ち、手が疲れ、手が剣にはり付いて離れなくなるまで彼らを討った。主はその日、大勝利をもたらされ、彼の後に戻って来た兵士には略奪することのみが残った。 サムエル記下 23章10節

主の大きな慈悲が疫病を終息させる

サムエル記下 24章

ダビデはガドに言った。「大変な苦しみだ。主の御手にかかって倒れよう。主の慈悲は大きい。人間の手にはかかりたくない。」 サムエル記下 24章14節