三輪 誠の聖書日課 6本

RCJメディアミニストリー「ふくいんのなみ」のトップページへ戻る
三輪 誠

三輪 誠(ミワ マコト)

所属:浜松伝道所

三輪 誠の聖書日課(日付順)

律法をどう読むか

ルカによる福音書 10章25-37節

「律法には何と書いてあるか。あなたはそれをどう読んでいるか」 ルカによる福音書 10章26節

本当の命綱

ルカによる福音書 12章13-21節

こう自分に言ってやるのだ。「さあ、これから先何年も生きて行くだけの蓄えができたぞ。ひと休みして、食べたり飲んだりして楽しめ」と。』しかし神は、『愚かな者よ、今夜、お前の命は取り上げられる。お前が用意した物は、いったいだれのものになるのか』と言われた。」 ルカによる福音書 12章19節~20節

実を結ぶための配慮をいただいて

ルカによる福音書 13章6-9節

「御主人様、今年もこのままにしておいてください。木の周りを掘って、肥やしをやってみます。そうすれば、来年は実がなるかもしれません。もしそれでもだめなら、切り倒してください。」 ルカによる福音書 13章8節~9節

神の喜びを共にする

ルカによる福音書 15章11-32節

「お前のあの弟は死んでいたのに生き返った。いなくなっていたのに見つかったのだ。祝宴を開いて楽しみ喜ぶのは当たり前ではないか。」 ルカによる福音書 15章32節

御言葉に聞く大切さ

ルカによる福音書 16章19-31節

「アブラハムは言った。『もし、モーセと預言者に耳を傾けないのなら、たとえ死者の中から生き返る者があっても、その言うことを聞き入れはしないだろう。』」 ルカによる福音書 16章31節

主イエスをとおして自己を知る

ルカによる福音書 18章9-14節

「言っておくが、義とされて家に帰ったのは、この人であって、あのファリサイ派の人ではない。だれでも高ぶる者は低くされ、へりくだる者は高められる。」 ルカによる福音書 18章14節