小野田 雄二の聖書日課 13本

RCJメディアミニストリー「ふくいんのなみ」のトップページへ戻る
小野田 雄二

小野田 雄二(オノダ ユウジ)

所属:上野緑ケ丘教会

小野田 雄二の聖書日課(日付順)

アイでの敗退

ヨシュア記 7章

彼らは、アカンの上に大きな石塚を積み上げたが、それは今日まで残っている。主の激しい怒りはこうしてやんだ。 ヨシュア記 7章26節

アイでの勝利

ヨシュア記 8章

主はヨシュアに言われた。「恐れてはならない。おののいてはならない。全軍隊を引き連れてアイに攻め上りなさい。アイの王も民も町も周辺の土地もあなたの手に渡す。」 ヨシュア記 8章1節

命を保障する協定

ヨシュア記 9章

「御覧ください。わたしたちは今はあなたの手の中にあります。あなたが良いと見なし、正しいと見なされることをなさってください。」
ヨシュアは彼らにそのようにし、イスラエルの人々の手から彼らを助け、殺すことを許さなかった。 ヨシュア記 9章25節~26節

強く、雄々しくあれ

ヨシュア記 10章

ヨシュアがただ一回の出撃でこれらの地域を占領し、すべての王を捕らえることができたのは、イスラエルの神、主がイスラエルのために戦われたからである。 ヨシュア記 10章42節

勝利への道

ヨシュア記 11章

主はヨシュアに言われた。
「彼らを恐れてはならない。わたしは明日の今ごろ、彼らすべてをイスラエルに渡して殺させる。あなたは彼らの馬の足の筋を切り、戦車を焼き払え。」(ヨシュア11:6) ヨシュア記 11章6節

主の御計らいを何一つ忘れてはならない

ヨシュア記 12章

ヨシュアの率いるイスラエルの人々がヨルダン川のこちら側、すなわち西側で征服した国の王は次のとおりである。ヨシュアは、レバノンの谷にあるバアル・ガドからセイル途上にあるハラク山に至る地域をイスラエル各部族にその配分に従って領地として与えた。 ヨシュア記 12章7節

十字架上の第一のことば-赦し-

ルカによる福音書 23章32-38節

[そのとき、イエスは言われた。「父よ、彼らをお赦しください。自分が何をしているのか知らないのです。」] ルカによる福音書 23章34節

十字架上の第二のことば-救い-

ルカによる福音書 23章39-43節

するとイエスは、「はっきり言っておくが、あなたは今日わたしと一緒に楽園にいる」と言われた。 ルカによる福音書 23章43節

十字架上の第三のことば-愛情-

ヨハネによる福音書 19章26-27節

イエスは、母とそのそばにいる愛する弟子とを見て、母に、「婦人よ、御覧なさい。あなたの子です」と言われた。それから弟子に言われた。「見なさい。あなたの母です。」そのときから、この弟子はイエスの母を自分の家に引き取った。 ヨハネによる福音書 19章26節~27節

十字架上の第四のことば-苦悩-

マタイによる福音書 27章45-50節

3時ごろ、イエスは大声で叫ばれた。「エリ、エリ、レマ、サバクタニ。」これは、「わが神、わが神、なぜわたしをお見捨てになったのですか」という意味である。 マタイによる福音書 27章46節

十字架上の第五のことば-苦痛-

ヨハネによる福音書 19章28節

この後、イエスは、すべてのことが今や成し遂げられたのを知り、「渇く」と言われた。こうして、聖書の言葉が実現した。 ヨハネによる福音書 19章28節

十字架上の第六のことば-勝利-

ヨハネによる福音書 19章29-30節

イエスは、このぶどう酒を受けると、「成し遂げられた」と言い、頭を垂れて息を引き取られた。 ヨハネによる福音書 19章30節

十字架上の第七のことば-凱旋-

ルカによる福音書 23章44-49節

イエスは大声で叫ばれた。「父よ、わたしの霊を御手にゆだねます。」こう言って息を引き取られた。 ルカによる福音書 23章46節