村田 寿和の聖書日課 7本

RCJメディアミニストリー「ふくいんのなみ」のトップページへ戻る
 村田 寿和

村田 寿和(ムラタ トシカズ)

所属:羽生栄光教会

村田 寿和の聖書日課(日付順)

後ろから語りかけてくださる主イエス

ヨハネによる福音書 20章1-18節

天使たちが、「婦人よ、なぜ泣いているのか」と言うと、マリアは言った。「わたしの主が取り去られました。どこに置かれているのか、わたしには分かりません。」こう言いながら後ろを振り向くと、イエスの立っておられるのが見えた。しかし、それがイエスだとは分からなかった。 ヨハネによる福音書 20章13節~14節

私たちの心を燃やす主イエス

ルカによる福音書 24章13-35節

すると、二人の目が開け、イエスだと分かったが、その姿は見えなくなった。二人は、「道で話しておられるとき、また聖書を説明してくださったとき、わたしたちの心は燃えていたではないか」と語り合った。 ルカによる福音書 24章31節

羊の門であり、良い羊飼いである主イエス

ヨハネによる福音書 10章1-10節

イエスはまた言われた。「はっきり言っておく。わたしは羊の門である。わたしより前に来た者は皆、盗人であり、強盗である。しかし、羊は彼らの言うことを聞かなかった。わたしは門である。わたしを通って入る者は救われる。その人は、門を出入りして牧草を見つける。 ヨハネによる福音書 10章7節~9節

道であり、真理であり、命である主イエス

ヨハネによる福音書 14章1-14節

イエスは言われた。「わたしは道であり、真理であり、命である。わたしを通らなければ、だれも父のもとに行くことができない。あなたがたがわたしを知っているなら、わたしの父をも知ることになる。今から、あなたがたは父を知る。いや、既に父を見ている。」 ヨハネによる福音書 14章6節~7節

別の弁護者を遣わす主イエス

ヨハネによる福音書 14章15-21節

「わたしは父にお願いしよう。父は別の弁護者を遣わして、永遠にあなたがたと一緒にいるようにしてくださる。この方は、真理の霊である。世は、この霊を見ようとも知ろうともしないので、受け入れることができない。しかし、あなたがたはこの霊を知っている。」 ヨハネによる福音書 14章16節~17節

父が約束されたものを送る主イエス

ルカによる福音書 24章44-53節

「わたしは、父が約束されたものをあなたがたに送る。高い所からの力に覆われるまでは、都にとどまっていなさい。」
イエスは、そこから彼らをベタニアの辺りまで連れて行き、手を上げて祝福された。そして、祝福しながら彼らを離れ、天に上げられた。 ルカによる福音書 24章49節~51節

主の約束の実現

使徒言行録 1章3-11節

「あなたがたの上に聖霊が降ると、あなたがたは力を受ける。そして、エルサレムばかりでなく、ユダヤとサマリアの全土で、また、地の果てに至るまで、わたしの証人となる。」 使徒言行録 1章8節