2017年3月17日(金) 見上げる時人生は変わります

 お元気にお過ごしですか。筑波みことば教会牧師の小堀昇です。今日もご一緒に神様を見上げて歩んでまいりましょう。

 あるとき私は、一つの教会で開かれた集会に出かけるために、夜、出かけていきました。実はその教会は大分田舎の駅にあったのですが、電車を降りると、その教会まで田んぼの中を約20分、歩かなければなりませんでした。しかし夜道ではありましたが、遠くの方にその教会の十字架が白く浮かんでいたのです。ですから道を迷わずに真っ直ぐに歩く事ができました。そして予定通りに着くことができたのです。
 ところが帰り道は大変でした。今度は何の目印もありません。十字架を背にして真っ暗な田んぼの道を歩かなければなりませんでした。ですからすっかり私は道に迷ってしまったのです。そして、1時間近くかかってしまいました。

 このようにただ道に迷うだけならまだしも、私たちは人生の道に迷ってしまう、そんなことがあります。そんなときに私たちはどうすれば良いのでしょうか。それは、十字架を見上げることです。そして人生の羅針盤と言われる、聖書を読むことです。そして十字架にかかってくださったイエスを見上げることです。そして、イエスを信じて歩んで行くことです。

 私たちの人生80年29,200日、結局どなたとご一緒するかということです。「神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。独り子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである。」 聖書の中の聖書と言われる、ヨハネの福音書3章16節で、聖書はこのように言っています。
 十字架でイエスはあなたのために死に、3日目に甦り、信じるあなたに永遠の命を与えてくださいました。どうぞあなたも、十字架のイエスを見上げて、罪ゆるされた永遠の命への道、迷うことのない人生を歩んで下さい。


【今週のプレゼント】小さな朗読会「母と子の聖書新約No.5」CD(全員プレゼント)
【締切】3月18日  ●申込はこちら