2017年5月19日(金) 共にいてくださる主

 今日もお元気にお過ごしですか。三郷教会の持田浩次です。
 復活されたイエス様は、弟子たちとガリラヤの高い山で待ち合せておられました。イエス様とお会いしても、まだイエス様の復活を疑う弟子もいたのです。

 イエス様は、そのような弟子たちに言われました。「わたしは世の終わりまで、いつもあなたがたと共にいる。」

 「世の終わり」とは「この世界の完成の時」のことです。人間の罪があふれ、災害や戦争が続いているこの世界が、やがてイエス・キリストが天から来られて、新しくしてくださるときです。「世の終わり」は、罪も死もない、新しい天と地の始まりの時です。

 復活して今も生きておられるイエス様は、今も、これからもずっと、共にいると約束してくださいました。うれしい時も、悲しい時も、元気な時も、病気の時も、若い時も、年をとっても、死んで天に召される時も、いつも共にいてくださいます。

 イエス様は「共にいなさい」とは言われませんでした。イエス様のほうから私たちに、いつも共にいてくださると約束してくださっています。
 自分は一人ぼっちで寂しいと思わなくてもいいのです。あなたはいつも、どんな時も、ひとりではありません。復活して、今も生きておられるイエス様が、あなたと共におられるのです。

 今日の聖書の言葉、イエス・キリストの言葉。
「わたしは世の終わりまで、いつもあなたがたと共にいる。」
 マタイによる福音書28章20節


【今週のプレゼント】あさのことばメッセージ集No.2「神様の声が聞こえますか」CD(10名)
【締切】5月20日  ●申込はこちら