2018年4月12日(木) 神様が味方

 おはようございます。今日も、お元気にお目覚めですか。持田浩次です。
 子どもの頃、二つのグループでボール遊びをしていました。私のグループは弱くて負けそうでした。そんな時、途中から担任の先生も入って来て、自分のグループに加わりました。そうしたら、急に強くなって、ついに勝ったのです。

 あなたの人生には、だれか味方になってくれる人がいますか。子どもの頃は、親が味方になってくれて、歳を取ると、子どもが味方になってくれるかもしれません。

 聖書の中で、使徒パウロがローマの信徒に送った手紙で、こう言っています。「もし神がわたしたちの味方であるならば、だれがわたしたちに敵対できますか。」
 神様が味方に付いたら、もうその時点で、勝負の決着がついたも同然です。そのことをパウロはこう言っています。
 「これらすべてのことにおいて、わたしたちは、わたしたちを愛してくださる方によって輝かしい勝利を収めています。」

 イエス・キリストを信じると、神様はあなたの味方となってくださいます。あなたに敵対する死も、罪も、この世の悪も、すべてあなたを支配することはできません。神様はあなたの味方となって、あなたの命も、人生も守ってくださいます。ぜひ、あなたも神様をあなたの味方として受け入れてください。

 今日の聖書の言葉。
「もし神がわたしたちの味方であるならば、だれがわたしたちに敵対できますか。わたしたちすべてのために、その御子をさえ惜しまず死に渡された方は、御子と一緒にすべてのものをわたしたちに賜らないはずがありましょうか。」 ローマ8章31節32節


【今週のプレゼント】リーフレット「聖書と私」三浦綾子著(10名)
【締切】4月14日  ●申込はこちら