2018年9月15日(土) まことの知恵

 おはようございます。仙台教会の風間義信です。

 聖書をはじめから読んでいきますと、人が神を超えようとする思いが絶え間なく出てきます。それは極端に言えば、人間には何でも出来るとの思いにあふれていると言えるかもしれません。

 しかし、私たちがどれほど優れていたとしてもたどり着くことの出来ないのが、イエス・キリストの十字架によって救われると言うことです。これは人の力で見つけることのできるものではなく、ただただ神様が示してくださらなければいただくことのできるものではありません。

 そもそもイエス・キリストが磔になった十字架は、美しいものではなく、むしろ人々からののしられ、あざけりの対象でした。でも、そのような醜い姿は、ののしり、あざける者たちの心の状態、つまり罪ある者たちの思いに他なりません。その十字架が惨めだったのは、そこに醜いまでの私たちの罪を負ってくださった、その身代わりがあったからです。

 人の思いでは考えられないまことの知恵、それがイエス・キリストによる十字架の救いです。あなたもこの十字架に、他では決して得ることのできないまことの知恵をはっきりと見いだしてください。


【番組のプレゼント】小冊子「聖書地図」いのちのことば社発行(5名)
【締切】9月21日  ●申込はこちら