月刊誌リジョイス 聖書日課 2023年1月 8日(日)

マタイ3章13-17節 主の洗礼によって

  

そのとき、「これはわたしの愛する子、わたしの心に適う者」と言う声が、天から聞こえた。(マタイ3:17)

 主イエスが洗礼を受けられるこの箇所で、一つ特徴的な点があります。それは主が受洗されることを洗礼者ヨハネが思いとどまらせようとしていることです。主はこれに対して、ヨハネの思いを覚えると同時に、父なる神の御心を覚えられて、「今は、止めないでほしい」と言われ、神の御前に正しいことを行ったのでした。

 罪なき方が洗礼をお受けになる。このことによって、罪に苛まれる私たちの救いの扉が開いたことを覚えたく思います。主の今回の行動は、罪に苦しみ傷ついている私たちのため、私たちをその罪より救い出したいとの神の御心の表れだったのです。

 この正しいことを行ったときに、天が主イエスに向かって開きます。そして、今正しいことが成立したその宣言であるかのように、「これはわたしの愛する子、わたしの心に適う者」との御声が天から聞こえます。これらはすべて主の御あとに従う私たちを救うためでした。

 私たちは、礼拝をささげるたびに、「これはわたしの愛する子、わたしの心に適う者」という神の御声を、自分への御声として聴きながら、喜んで、礼拝の場へと体を運びたいと思います。私たちは一回一回の礼拝を心から喜んで、イエス・キリストに従って行きたいと願います。

 【祈り】 (1)主が私たちの罪を覚えて洗礼を受けられたことへの感謝。(2)主の御あとに従うことができますように。

Copyright (C) 2022 RCJ Media Ministry All Rights Reserved.