月刊誌リジョイス 聖書日課 2023年1月10日(火)

ルカ6章 確固たる土台の上に立つ

  

「それは、地面を深く掘り下げ、岩の上に土台を置いて家を建てた人に似ている。」(ルカ6:48)

 ルカ福音書6章には「平地の説教」と呼ばれる一連の教えが記されています。46〜49節はこの説教の締めくくりに当たる場面です。

 この説教はだれに対して語られたのでしょうか。イエス・キリストは、目を上げて弟子たちにお語りになりました(20節)。イエス・キリストの周りにはたくさんの群衆がいたでしょうから、弟子たちのみがこの説教を聞いたというわけではないでしょう。しかしながら、弟子たち、つまりキリストに従う人びとを、主のまなざしは捉えていたのです。

 いろいろな教えをお語りになられた後、主イエスは弟子たちに問われました。何を土台にして生きるのか。今、語られた教えをあなたの土台にするのか。それとも、他のものを土台にするのか。主イエスの願いは言うまでもありません。神の御言葉、キリストの教えをその土台にせよ、ということです。

 イエス・キリストに従う人は固い岩の上に建てられた家のようです。どのような困難があっても、倒れることはありません。傷つき、揺らぐことがあっても、土台から崩れることはないのです。神の教え、聖書を中心とする。そこに、人生の土台があります。一人ひとりがこの土台の上に立つことができますように。

 【祈り】 主よ、あなたの御言葉を我が人生の土台とすることができますように。アーメン

Copyright (C) 2022 RCJ Media Ministry All Rights Reserved.