山下 朋彦の聖書日課 19本

RCJメディアミニストリー「ふくいんのなみ」のトップページへ戻る
山下 朋彦

山下 朋彦(ヤマシタ トモヒコ)

所属:平和の君伝道所

山下 朋彦の聖書日課(日付順)

神を喜ぶ

申命記 5章

「わたしは主、あなたの神、あなたをエジプトの国、奴隷の家から導き出した神である。」 申命記 5章6節

新しい掟

ルカによる福音書 10章

彼は答えた。「『心を尽くし、精神を尽くし、力を尽くし、思いを尽くして、あなたの神である主を愛しなさい、また、隣人を自分のように愛しなさい』とあります。」 ルカによる福音書 10章27節

必要なことはただ一つ

ルカによる福音書 10章

主はお答えになった。「マルタ、マルタ、あなたは多くのことに思い悩み、心を乱している。しかし、必要なことはただ一つだけである。マリアは良い方を選んだ。それを取り上げてはならない。」 ルカによる福音書 10章41節~42節

悔い改めの実

ヨハネによる福音書 17章

永遠の命とは、唯一のまことの神であられるあなたと、あなたのお遣わしになったイエス・キリストを知ることです。 ヨハネによる福音書 17章3節

自分の十字架を担って

マタイによる福音書 10章

「また、自分の十字架を担ってわたしに従わない者は、わたしにふさわしくない。自分の命を得ようとする者は、それを失い、わたしのために命を失う者は、かえってそれを得るのである。」 マタイによる福音書 10章38節~39節

おのが腹を神とする

フィリピの信徒への手紙 3章

何度も言ってきたし、今また涙ながらに言いますが、キリストの十字架に敵対して歩んでいる者が多いのです。彼らの行き着くところは滅びです。彼らは腹を神とし、恥ずべきものを誇りとし、この世のことしか考えていません。 フィリピの信徒への手紙 3章18節~19節

取り消されない救い

コリントの信徒への手紙二 7章

今は喜んでいます。あなたがたがただ悲しんだからではなく、悲しんで悔い改めたからです。あなたがたが悲しんだのは神の御心に適ったことなので、わたしたちからは何の害も受けずに済みました。神の御心に適った悲しみは、取り消されることのない救いに通じる悔い改めを生じさせ、世の悲しみは死をもたらします。 コリントの信徒への手紙二 7章9節~10節

貧しくなられた主

コリントの信徒への手紙二 8章

あなたがたは、わたしたちの主イエス・キリストの恵みを知っています。すなわち、主は豊かであったのに、あなたがたのために貧しくなられた。それは、主の貧しさによって、あなたがたが豊かになるためだったのです。 コリントの信徒への手紙二 8章9節

恵みの分配

コリントの信徒への手紙二 9章

神は、あなたがたが、いつもすべての点ですべてのものに十分で、あらゆる善い業に満ちあふれるように、あらゆる恵みをあなたがたに満ちあふれさせることがおできになります。 コリントの信徒への手紙二 9章8節

御言葉によって見破る

コリントの信徒への手紙二 10章

わたしたちの戦いの武器は肉のものではなく、神に由来する力であって要塞も破壊するに足ります。わたしたちは理屈を打ち破り、神の知識に逆らうあらゆる高慢を打ち倒し、あらゆる思惑をとりこにしてキリストに従わせ… コリントの信徒への手紙二 10章4節~5節

キリストの花嫁

コリントの信徒への手紙二 11章

あなたがたに対して、神が抱いておられる熱い思いをわたしも抱いています。なぜなら、わたしはあなたがたを純潔な処女として一人の夫と婚約させた、つまりキリストに献げたからです。 コリントの信徒への手紙二 11章2節

キリストの力に満ちあふれる

コリントの信徒への手紙二 12章

すると主は、「わたしの恵みはあなたに十分である。力は弱さの中でこそ十分に発揮されるのだ」と言われました。だから、キリストの力がわたしの内に宿るように、むしろ大いに喜んで自分の弱さを誇りましょう。 コリントの信徒への手紙二 12章9節

信仰の吟味を

コリントの信徒への手紙二 13章

キリストは、弱さのゆえに十字架につけられましたが、神の力によって生きておられるのです。わたしたちもキリストに結ばれた者として弱い者ですが、しかし、あなたがたに対しては、神の力によってキリストと共に生きています。 コリントの信徒への手紙二 13章4節

自らも御言葉に聞き従う

列王記上 13章

「わたしが死んだら、神の人を葬った墓にわたしを葬り、あの人の骨のそばにわたしの骨を納めてくれ。あの人が、主の言葉に従ってべテルにある祭壇とサマリアの町々にあるすべての聖なる高台の神殿に向かって呼びかけた言葉は、必ず成就するからだ。」 列王記上 13章31節~32節

神こそが国を建て、引き抜かれるお方

列王記上 14章

「あなたは立って家に帰るがよい。あなたが足を町に踏み入れるとき、あなたの子は死ぬ。イスラエルのすべての人々はこの子を弔い、葬るだろう。まことにヤロブアムに属する者で墓に入るのは、この子一人であろう。」 列王記上 14章12節~13節

せっかくの善政も空しい

列王記上 15-16章

アサは、父祖ダビデと同じように主の目にかなう正しいことを行い、神殿男娼をその地から追放し、先祖たちの造った偶像をすべて取り除いた。…聖なる高台は取り除かれなかったが、アサの心はその生涯を通じて主と一つであった。 列王記上 15章11節、14節

主の御言葉は真実です

列王記上 17章

エリヤは言った。…「なぜならイスラエルの神、主はこう言われる。
主が地の面に雨を降らせる日まで
壺の粉は尽きることなく
瓶の油はなくならない。」
…女はエリヤに言った。「今わたしは分かりました。あなたはまことに神の人です。あなたの口にある主の言葉は真実です。」 列王記上 17章13節~14節、24節

主こそイスラエルの神

列王記上 18章

「わたしに答えてください。主よ、わたしに答えてください。そうすればこの民は、主よ、あなたが神であり、彼らの心を元に返したのは、あなたであることを知るでしょう。」 列王記上 18章37節

伝道の熱心と失意

列王記上 19章

彼は1本のえにしだの木の下に来て座り、自分の命が絶えるのを願って言った。「主よ、もう十分です。わたしの命を取ってください。わたしは先祖にまさる者ではありません。」 列王記上 19章4節