中山 仰の聖書日課 15本

RCJメディアミニストリー「ふくいんのなみ」のトップページへ戻る
中山 仰

中山 仰(ナカヤマ アオグ)

所属:田無教会

中山 仰の聖書日課(日付順)

キリストの死

ローマの信徒への手紙 8章

肉の弱さのために律法がなしえなかったことを、神はしてくださったのです。つまり、罪を取り除くために御子を罪深い肉と同じ姿でこの世に送り、その肉において罪を罪として処断されたのです。 ローマの信徒への手紙 8章3節

キリストの葬り

イザヤ書 53章

彼は不法を働かず
その口に偽りもなかったのに
その墓は神に逆らう者と共にされ
富める者と共に葬られた。 イザヤ書 53章9節

身代わりの死と私たちの死

テサロニケの信徒への手紙一 5章

神は、わたしたちを…主イエス・キリストによる救いにあずからせるように定められたのです。主は、わたしたちのために死なれましたが、それは、わたしたちが、目覚めていても眠っていても、主と共に生きるようになるためです。 テサロニケの信徒への手紙一 5章9節~10節

「キリストの犠牲と死」からの益

コリントの信徒への手紙一 6章

わたしたちの古い自分がキリストと共に十字架につけられたのは、罪に支配された体が滅ぼされ、もはや罪の奴隷にならないためであると知っています。死んだ者は、罪から解放されています。 コリントの信徒への手紙一 6章6節~7節

感謝のいけにえ

エフェソの信徒への手紙 5章

あなたがたは神に愛されている子供ですから、神に倣う者となりなさい。キリストがわたしたちを愛して、御自分を香りのよい供え物、つまり、いけにえとしてわたしたちのために神に献げてくださったように、あなたがたも愛によって歩みなさい。 エフェソの信徒への手紙 5章1節~2節

試みの中にあるキリスト者の幸い

ヘブライ人への手紙 5章

キリストは、…激しい叫び声をあげ、涙を流しながら、御自分を死から救う力のある方に、祈りと願いとをささげ、その畏れ敬う態度のゆえに聞き入れられました。…そして、…神からメルキゼデクと同じような大祭司と呼ばれたのです。 ヘブライ人への手紙 5章7節~10節

賢く生きる信仰者

箴言 13章

富んでいると見せて、無一物の者がいる。
貧乏と見せて、大きな財産を持つ者がある。
財産が自分の身代金になる者もある。
貧しい人は叱責を聞くことはない。 箴言 13章7節~8節

死から命への転換

箴言 14章

人間の前途がまっすぐなようでも
果ては死への道となることがある。
笑っていても心の痛むことがあり
喜びが悲しみに終ることもある。 箴言 14章12節~13節

キリストの栄光に包まれて生きる

箴言 15章

神に従う人の家には多くの蓄えがある。
神に逆らう者は収穫のときにも煩いがある。

心に喜びを抱けば顔は明るくなり
心に痛みがあれば霊は沈みこむ。 箴言 15章6節、13節

御霊に導かれた言葉

箴言 16章

知恵ある心は口の言葉を成功させ
その唇に説得力を加える。
親切な言葉は蜜の滴り。
魂に甘く、骨を癒す。 箴言 16章23節~24節

愛は人を生かし、欲は罪をあふれさせる

箴言 17章

乾いたパンの一片しかなくとも平安があれば
いけにえの肉で家を満たして争うよりよい。 箴言 17章1節

分け隔てを嫌う神

箴言 18章

物乞いをする者は哀願し
金持ちは横柄に答える。
友の振りをする友もあり
兄弟よりも愛し、親密になる人もある。 箴言 18章23節~24節

信じるとは従うこと

列王記上 20章

見よ、一人の預言者がイスラエルの王アハブに近づいてこう言った。「主はこう言われる。『この大軍のすべてをよく見たか。わたしは今日これをあなたの手に渡す。こうしてあなたは、わたしこそ主であることを知る。』」 列王記上 20章13節

計り知れない神の憐れみ深さ

列王記上 21章

「アハブがわたしの前にへりくだったのを見たか。彼がわたしの前にへりくだったので、わたしは彼が生きている間は災いをくださない。その子の時代になってから、彼の家に災いをくだす。」 列王記上 21章29節

神の言葉は生きている

列王記上 22章

イスラエルの王はヨシャファトに言った。「あなたに言ったとおりではありませんか。彼はわたしに幸運ではなく、災いばかり預言するのです。」だがミカヤは続けた。「主の言葉をよく聞きなさい。わたしは主が御座に座し、天の万軍がその左右に立っているのを見ました。」 列王記上 22章18節~19節