小橋口 貴人の聖書日課 14本

RCJメディアミニストリー「ふくいんのなみ」のトップページへ戻る
小橋口 貴人

小橋口 貴人(コハシグチ タカヒト)

所属:那加教会

小橋口 貴人の聖書日課(日付順)

感謝・喜び・祈り

フィリピの信徒への手紙 1章1-11節

わたしは、あなたがたのことを思い起こす度に、わたしの神に感謝し、あなたがた一同のために祈る度に、いつも喜びをもって祈っています。 フィリピの信徒への手紙 1章3節-4節

幸せの板挟み

フィリピの信徒への手紙 1章12-30節

この二つのことの間で、板挟みの状態です。一方では、この世を去って、キリストと共にいたいと熱望しており、この方がはるかに望ましい。だが他方では、肉にとどまる方が、あなたがたのためにもっと必要です。 フィリピの信徒への手紙 1章23節-24節

キリストのへりくだり

フィリピの信徒への手紙 2章1-18節

何事も利己心や虚栄心からするのではなく、へりくだって、互いに相手を自分よりも優れた者と考え、めいめい自分のことだけでなく、他人のことにも注意を払いなさい。互いにこのことを心がけなさい。それはキリスト・イエスにもみられるものです。 フィリピの信徒への手紙 2章3節-5節

憐れみの器

フィリピの信徒への手紙 2章19-30節

だから、主に結ばれている者として大いに歓迎してください。そして、彼のような人々を敬いなさい。わたしに奉仕することであなたがたのできない分を果たそうと、彼はキリストの業に命をかけ、死ぬほどの目に遭ったのです。 フィリピの信徒への手紙 2章29節-30節

父に愛されたくて

フィリピの信徒への手紙 3章1-11節

わたしには、律法から生じる自分の義ではなく、キリストへの信仰による義、信仰に基づいて神から与えられる義があります。 フィリピの信徒への手紙 3章9節

キリストに捕らえられて

フィリピの信徒への手紙 3章12-21節

わたしは、既にそれを得たというわけではなく、既に完全な者となっているわけでもありません。何とかして捕らえようと努めているのです。自分がキリスト・イエスに捕らえられているからです。 フィリピの信徒への手紙 3章12節

いつも喜びなさい

フィリピの信徒への手紙 4章1-9節

主において常に喜びなさい。重ねて言います。喜びなさい。…どんなことでも、思い煩うのはやめなさい。何事につけ、感謝を込めて祈りと願いをささげ、求めているものを神に打ち明けなさい。 フィリピの信徒への手紙 4章4節、6節

苦しみを共にする交わり

フィリピの信徒への手紙 4章10-23節

それにしても、あなたがたは、よくわたしと苦しみを共にしてくれました。
フィリピの人たち、あなたがたも知っているとおり、わたしが福音の宣教の初めにマケドニア州を出たとき、もののやり取りでわたしの働きに参加した教会はあなたがたのほかに一つもありませんでした。 フィリピの信徒への手紙 4章14節~15節

礼拝への招き

詩編 95編

主はわたしたちの神、わたしたちは主の民
主に養われる群れ、御手の内にある羊。
今日こそ、主の声に聞き従わなければならない。 詩編 95編7節

新しい歌を歌おう

詩編 96編

新しい歌を主に向かって歌え。
全地よ、主に向かって歌え。
主に向かって歌い、御名をたたえよ。
日から日へ、御救いの良い知らせを告げよ。 詩編 96編1節~2節

光を種蒔き、喜びを種蒔く

詩編 97編

神に従う人のためには光を
心のまっすぐな人のためには喜びを
種蒔いてくださる。 詩編 97編11節

思いを賛美の歌に乗せて

詩編 98編

新しい歌を主に向かって歌え。
主は驚くべき御業を成し遂げられた。
右の御手、聖なる御腕によって
主は救いの御業を果たされた。 詩編 98編1節

聖なる、聖なる、聖なる

詩編 99編

我らの神、主をあがめよ。
その聖なる山に向かってひれ伏せ。
我らの神、主は聖なる方。 詩編 99編9節

感謝の賛歌

詩編 100編

感謝の歌をうたって主の門に進み
賛美の歌をうたって主の庭に入れ。
感謝をささげ、御名をたたえよ。
主は恵み深く、慈しみはとこしえに
主の真実は代々に及ぶ。 詩編 100編4節~5節