金 起泰の聖書日課 12本

RCJメディアミニストリー「ふくいんのなみ」のトップページへ戻る
金 起泰

金 起泰(キム キテ)

所属:犬山教会

金 起泰の聖書日課(日付順)

ユダに対する裁き

ゼファニヤ書 1章

主の大いなる日は近づいている。
極めて速やかに近づいている。
聞け、主の日にあがる声を。
その日には、勇士も苦しみの叫びをあげる。 ゼファニヤ書 1章14節

ユダへの悔い改めと異邦人に対する裁き

ゼファニヤ書 2章

主を求めよ。
主の裁きを行い、苦しみに耐えてきた
この地のすべての人々よ
恵みの業を求めよ、苦しみに耐えることを求めよ。
主の怒りの日に
あるいは、身を守られるであろう。 ゼファニヤ書 2章3節

エルサレムの裁きと未来の救い

ゼファニヤ書 3章

「お前の主なる神はお前のただ中におられ
勇士であって勝利を与えられる。
主はお前のゆえに喜び楽しみ
愛によってお前を新たにし
お前のゆえに喜びの歌をもって楽しまれる。」 ゼファニヤ書 3章17節

ソラ・スクリプトゥラ(sola Scriptura、「聖書のみ」)

詩編 19編

主の律法は完全で、魂を生き返らせ
主の定めは真実で、無知な人に知恵を与える。 詩編 19編8節

ソルス・キリストゥス(solus Christus、「キリストのみ」)

ローマの信徒への手紙 3章

ただキリスト・イエスによる贖いの業を通して、神の恵みにより無償で義とされるのです。 ローマの信徒への手紙 3章24節

ソラ・グラティア(sola gratia、「恵みのみ」)

エフェソの信徒への手紙 2章

事実、あなたがたは、恵みにより、信仰によって救われました。このことは、自らの力によるのではなく、神の賜物です。行いによるのではありません。それは、だれも誇ることがないためなのです。 エフェソの信徒への手紙 2章8節~9節

ソラ・フィデ(sola fide、「信仰のみ」)

ローマの信徒への手紙 1章

福音には、神の義が啓示されていますが、それは、初めから終わりまで信仰を通して実現されるのです。「正しい者は信仰によって生きる」と書いてあるとおりです。 ローマの信徒への手紙 1章17節

ソリ・デオ・グロリア(soli Deo Gloria、「神にのみ栄光」)

ローマの信徒への手紙 11章

すべてのものは、神から出て、神によって保たれ、神に向かっているのです。栄光が神に永遠にありますように、アーメン。 ローマの信徒への手紙 11章36節

赦し、信仰、奉仕

ルカによる福音書 1-10節

「1日に7回あなたに対して罪を犯しても、7回、『悔い改めます』と言ってあなたのところに来るなら、赦してやりなさい。」 ルカによる福音書 17章4節

救われた重い皮膚病を患っていた一人

ルカによる福音書 17章11-19節

そこで、イエスは言われた。「清くされたのは十人ではなかったか。ほかの九人はどこにいるのか。この外国人のほかに、神を賛美するために戻って来た者はいないのか。」 ルカによる福音書 17章17節~18節

やもめの粘り強い祈り

ルカによる福音書 18章1-8節

「まして神は、昼も夜も叫び求めている選ばれた人たちのために裁きを行わずに、彼らをいつまでもほうっておかれることがあろうか。」 ルカによる福音書 18章7節

ファリサイ派の人と徴税人

ルカによる福音書 18章9-14節

「言っておくが、義とされて家に帰ったのは、この人であって、あのファリサイ派の人ではない。だれでも高ぶる者は低くされ、へりくだる者は高められる。」 ルカによる福音書 18:14