命への扉が開かれるとき | ルカによる福音書 24章

RCJメディアミニストリー「ふくいんのなみ」のトップページへ戻る

ルカによる福音書 24章

そしてイエスは、聖書を悟らせるために彼らの心の目を開いて、言われた。「次のように書いてある。『メシアは苦しみを受け、三日目に死者の中から復活する。』」日本聖書協会『聖書 新共同訳』 ルカによる福音書 24章45節~46節

命への扉が開かれるとき

復活された主イエスは弟子たちの真ん中に現れます(36節)。弟子たちはどれほど驚いたことでしょう。例えば「明るい暗闇」という表現は矛盾しているように、このとき「喜びのあまりまだ信じられ」なかった(41節)とある弟子たちの心は、矛盾の形でしか表現できないものでした。死んだはずの主が復活したという理解を超えた現実が、彼らに混乱と喜びを同時に与えました。

そこで主イエスは「彼らの心の目を開」かれました。聖書全体(44節)に書いてあることを悟らせるためです。「書いてある」という表現は「以前から神のご計画であった」という意味です。何度も聞いていたにもかかわらず聖書の言葉が理解できなかったのは、心の扉に鍵がおろされていたからです。

完全に閉ざされた扉が開かれる時、それがイースターです。主イエスの遺体を納めた墓が開き(2節)、二人の弟子たちの目が開き(31節)、そして心の目が開かれた。主が開いてくださった新しい命への道を祝うこの日、私たちの心の目もキリストが開いてくださいますように。

西堀 元(熊本伝道所)