十分に整えられるためには | テモテへの手紙二 3章

RCJメディアミニストリー「ふくいんのなみ」のトップページへ戻る

テモテへの手紙二 3章

聖書はすべて神の霊の導きの下に書かれ、人を教え、戒め、誤りを正し、義に導く訓練をするうえに有益です。こうして、神に仕える人は、どのような善い業をも行うことができるように、十分に整えられるのです。日本聖書協会『聖書 新共同訳』 テモテへの手紙二 3章16節~17節

十分に整えられるためには

テモテがいた教会には、キリストと共に生きることを忘れ、福音の言葉をあげつらって「聞く者を破滅させる」者たちがいました(2章14節)。パウロは彼らの高慢を警戒するよう注意すると共に、「自分が学んで確信したことから離れてはなりません」とテモテに命じています。

テモテは幼い日から聖書(旧約聖書)に親しんできました。彼の祖母ロイスと母エウニケもまた聖書の神を信じる信仰者であったからです。テモテは、祖母の、また母の信仰に育まれながら、何より聖書に学ぶことを通して、救いに至る知恵、すなわちイエス・キリストを信じる確信を与えられていったはずです。そこから、決して離れてはいけないのです。

「聖書はすべて神の霊の導きの下に書かれ」とあります。聖書だけが永遠の神の霊感によって書かれた書物であり、神の思いを伝えるただ一冊の本であり、人を教え、救いに至らせる命の言葉です。

私たちが、神を喜び、神の求めておられる働きをするために、聖霊のお働きのもとに、聖書はきょうも私たちを教え、戒め、正し、訓練して、十分に整えてくださいます。

坂本 紀夫(北中山伝道所)