失敗から謙虚に学ぶ | 歴代誌上 15章

RCJメディアミニストリー「ふくいんのなみ」のトップページへ戻る

歴代誌上 15章

「レビ族の家系の長であるあなたたちは、…主の箱を、…運び上げよ。最初のときにはあなたたちがいなかったので、わたしたちの神、主はわたしたちを打ち砕かれた。わたしたちが法に従って主を求めなかったからである。」日本聖書協会『聖書 新共同訳』 歴代誌上 15章12節~13節

失敗から謙虚に学ぶ

オべド・エドムの家に仮安置されていた神の箱をエルサレムに運ぶために、ダビデは、宮殿を造営し、箱を安置する場所を整えました。最初の試みは神の怒りのために失敗し、不幸な結果となりましたので、神の法に従い、アロンの子らとレビ人をエルサレムに招集しました。

ダビデは彼らに言いました。「あなたたちは、兄弟たちと共に自らを聖別し、イスラエルの神、主の箱を、わたしが整えた場所に運び上げよ。最初のときには…主はわたしたちを打ち砕かれた。わたしたちが法に従って主を求めなかったからである」と。ダビデは最初の失敗を悔い改め、神の定めを履行しました。

民は楽器を奏で、声を上げて喜び祝い、レビ人は箱を担ぎ上げました。この時ダビデは亜麻布の上着をまとい、麻のより糸で織ったエフォドを身に付け喜び踊りました。箱がダビデの町に着いたとき、サウルの娘ミカルはこれを見下ろし、喜び踊るダビデを見て心の内でさげすみました。

神はいつまでも人の過ちを心に留めることはありません。人の目にどのように映ろうとも、神は悔い改めて賛美する者を愛してくださいます。

小林 義信(ひたちなか教会)