閉ざされた扉を開かれる | 歴代誌下 29章

RCJメディアミニストリー「ふくいんのなみ」のトップページへ戻る

歴代誌下 29章

その治世の第一年の第一の月に、ヒゼキヤは主の神殿の扉を開いて修理し、…言った。「レビ人よ、聞け。今、自分を聖別し、先祖の神、主の神殿を聖別せよ。聖所から汚れを取り去れ。」日本聖書協会『聖書 新共同訳』 歴代誌下 29章3節~5節

閉ざされた扉を開かれる

「わたしたちの心は、あなたのうちに安らうまでは安んじない」(アウグスティヌス『告白』第1巻第1章1)。

ヒゼキヤは29年間、王として主に仕えました。最大の貢献は、ユダ王国に失われていたものを取り戻したこと、真の礼拝の回復です。「アハズは神殿の祭具を集めて粉々に砕き、主の神殿の扉を閉じ」てしまいました(28章24節)。礼拝を喪失し、神を喪失した民は、自分が何者か、何によって生かされているのかを根本的に見失っていました。まさに民は、神と自らを見失うことで、安らぎを喪失してしまっていました。

しかし、主はそのような彷徨う人びとを憐れんでくださいました。主はヒゼキヤを王として立て、神殿の扉を開き、整え、そこに民を迎え入れてくださいました。「こうして、主の神殿における奉仕が復活した。ヒゼキヤとすべての民は神が民のためにしてくださったことを喜び祝」う者とされたのです(35、36節)。

主が礼拝の心を与えてくださいます。そして、安らぎを失った者に、礼拝を通して、真の喜びを与えてくださいます。あなたに礼拝の扉は開かれています。

國安 光(園田教会)