さあ、立て。ここから出かけよう | ヨハネによる福音書 14章

RCJメディアミニストリー「ふくいんのなみ」のトップページへ戻る

ヨハネによる福音書 14章

14章日本聖書協会『聖書 新共同訳』 ヨハネによる福音書 14章27節、31節

さあ、立て。ここから出かけよう

十字架を間近にして弟子たちに向かい主イエスは言われました。「さあ、立て。ここから出かけよう」。その歩み行く先には十字架があります。しかし、さらにその先には復活があります。苦難の先には栄光があります。

この一年、苦しみや悲しみをどれだけ味わったことでしょうか。恐れや失望もあったでしょう。しかし、救い主は私たちに、そのまま全部を抱えたままでよいから、主と共に歩むようにと招いてくださっています。「さあ、立て。ここから出かけよう」。主と共にあるなら、そこにあるのは主が勝ち取られた平和、その主によって私たちに与えられた平和です。

この年も恵みのうちに終えようとしています。新しい年に向かって、主と共に歩み出しましょう。主がくださる確固たる平和の中で、勇気と希望をもって。「後ろのものを忘れ、前のものに全身を向けつつ…目標を目指してひたすら」(フィリ3章13、14節)走りましょう。

聖霊が絶えず共にいて、私たちをいよいよ強め、慰め、導いてくださいますように。主の祝福が今、あなたに豊かにありますように。

大場 康司(南浦和教会)