祝福を受け継ぐために | ペトロの手紙一 3章

RCJメディアミニストリー「ふくいんのなみ」のトップページへ戻る

ペトロの手紙一 3章

悪をもって悪に、侮辱をもって侮辱に報いてはなりません。かえって祝福を祈りなさい。祝福を受け継ぐためにあなたがたは召されたのです。日本聖書協会『聖書 新共同訳』 ペトロの手紙一 3章9節

祝福を受け継ぐために

私たちが主イエス・キリストのもとへと召され、かけがえのない救いと新たな命の喜びに生きるようにされたのは、祝福を受け継ぐためでした。そのことは何と感謝すべきことでしょうか。

私たちはこの神の祝福に値する者では全くありませんでした。そのような私たちが、祝福を受け継ぐ者とされたのは、ただ主イエス・キリストにおいて現された神の憐れみと恵みのゆえです。

そうであれば、この祝福のなかで感謝をもって歩むと共に、この祝福をさらに多くの人たちに伝えていきたいのです。

また「迫害する者のために祝福を祈りなさい。祝福を祈るのであって、呪ってはなりません」とも語られています(ロマ12章14節)。日々に私たちが出会うどのような人に対しても、真実の言葉を語り、真実に生きる。自分の思いではなくすべてを神に委ねて、祝福を祈り続けていく。そのとき、「わたしの隣人の栄誉と威信とを、わたしの力の限り守り促進する」こと(『ハイデルベルク』問112の答えにある第九戒の目的)が、確かな現実となっていくのではないでしょうか。

大場 康司(南浦和教会)