光を輝かす | マタイによる福音書 5章

RCJメディアミニストリー「ふくいんのなみ」のトップページへ戻る

マタイによる福音書 5章

「そのように、あなたがたの光を人々の前に輝かしなさい。人々が、あなたがたの立派な行いを見て、あなたがたの天の父をあがめるようになるためである。」日本聖書協会『聖書 新共同訳』 マタイによる福音書 5章16節

光を輝かす

きょうの箇所には、「天の国」という言葉が繰り返されています。これは、主イエスを信じる一人一人に約束をされている場所です。

その弟子たちに主は、「あなたがたの光を人々の前に輝かしなさい」と言われました。私たち自身の内に、神に認められるような輝きがあるのではありません。私たちは天の国にふさわしい者ではありませんし、罪人である私たちの内には正しさもありません。

ここで語られている「塩」や「光」は、あくまでも、私たちのためにご自身の命を献げてくださった、キリストの愛の業に基づくものです。この方は、その十字架において律法を成就され、その業はすべての者を照らす光となり、効き目のある塩となりました。「あなたがたの光」も「あなたがたの立派な行い」も、イエス・キリストの十字架を通して生みだされるものです。

私たちのために死んで復活され、私たちに真実を行ってくださった主イエスの御力によって、私たちもまた、この日、隣人を愛し、隣人のためにこの光を輝かすことへと導かれています。

宮﨑 契一