主の慈しみは深く | 哀歌 3章

RCJメディアミニストリー「ふくいんのなみ」のトップページへ戻る

哀歌 3章

主は、決して
あなたをいつまでも捨て置かれはしない。
主の慈しみは深く
懲らしめても、また憐れんでくださる。
人の子らを苦しめ悩ますことがあっても
それが御心なのではない。日本聖書協会『聖書 新共同訳』 哀歌 3章31節~33節

主の慈しみは深く

「わたしは主の怒りの杖に打たれて苦しみを知った者」と歌って始まる3章は、それでも主に向かっていく者の希望に満ちています。これも契約の恵みでした。

「わたしがあなたの前に置いた祝福と呪い、これらのことがすべてあなたに臨み、あなたが、あなたの神、主によって追いやられたすべての国々で、それを思い起こし、あなたの神、主のもとに立ち帰り、わたしが今日命じるとおり、あなたの子らと共に、心を尽くし、魂を尽くして御声に聞き従うならば、あなたの神、主はあなたの運命を回復し、あなたを憐れみ、あなたの神、主が追い散らされたすべての民の中から再び集めてくださる」(申30章1~3節)。

それゆえ信仰者は、主がわたしを苦しめ悩ますことがあっても、それが御心なのではない、と知っています。「それは、あなたを苦しめて試し、ついには幸福にするためであった」と記されているからです(申8章16節)。そして主を賛美します。「主の慈しみは決して絶えない。主の憐れみは決して尽きない。それは朝ごとに新たになる」(22、23節)。

熊田 雄二(上福岡教会)