御翼の陰に | 詩編 57編

RCJメディアミニストリー「ふくいんのなみ」のトップページへ戻る

詩編 57編

憐れんでください
神よ、わたしを憐れんでください。
わたしの魂はあなたを避けどころとし
災いの過ぎ去るまで
あなたの翼の陰を避けどころとします。日本聖書協会『聖書 新共同訳』 詩編 57編2節

御翼の陰に

57編は表題(1節)から分かるように、ダビデがサウルの追跡の手を逃れて洞窟に潜んでいたときの詩です。そこに、サウルがやってきました。詩人は追い詰められてどこにも救いを見いだせず、神に頼る以外になくなった状態に置かれています。そのとき、詩人は神の憐れみを求めます。

新改訳聖書は「御翼の陰に」と表現しています。雛が親鳥の翼の陰に身を潜めるように、詩人は神の憐れみを求めて神を避けどころとします。神を呼び求める者には、何事も成し遂げてくださる神がおられます。

また、詩人は「災いの過ぎ去るまで」と言います。この危機がいつまで続くのか分からない中で、祈りに応えて神が救ってくださるとの確信が与えられます。洞窟の暗闇の中で、曙の光を求めるようにです。「わたしは心を確かにします」(8節)と告白して、光の中で神の憐れみを確信します。

心を神に支えていただき、確かにしていただき、神に祈り求め、感謝するとき、神は確かに聞いてくださり、苦難の中から逃れる道を備えてくださいます。

小中 史郎(長丘教会)