満ちている神 | ヨハネによる福音書 1章1-18節

RCJメディアミニストリー「ふくいんのなみ」のトップページへ戻る

ヨハネによる福音書 1章1-18節

言は肉となって、わたしたちの間に宿られた。わたしたちはその栄光を見た。それは父の独り子としての栄光であって、恵みと真理とに満ちていた。…わたしたちは皆、この方の満ちあふれる豊かさの中から、恵みの上に、更に恵みを受けた。ヨハネによる福音書 1章14節、16節

満ちている神

キリスト者の立場で平和について考えるとき、「シャローム」という言葉を避けて通ることはできません。シャロームを単に平安ないし平和と直訳して良しとするのではなく、言葉の根本精神を尋ねたいのです。そのために、ヨハネによる福音書の短い言葉に目を留めます。これは主イエスから「平和があるように」という言葉を聞いた人たちの証言です(ヨハ20章19節)。

言であるお方が肉となった、すなわち人となって、私たちの間に宿られた、これがすべての土台です。そこで、特に注目したいのは、著者の「受けた」という言葉です。「わたしたちは…恵みの上に、更に恵みを受けた」のです。

次に、二度も繰り返して「満ちる」という言葉が用いられています。恵みと真理に満ちているお方から、その満ちあふれる豊かさの中から、恵みを受け取ることで、彼らは満ちあふれるほど豊かなものになりました。

私たちがシャロームを考える土台も同じです。私たちが満ちている方と共にあるとき、私たちも満ちたりた欠けのないものとなります。そこに本当の平和であるシャロームが実現します。

杉山 昌樹(新座志木教会)