苦難の中で呼び求める | 詩編 102編

RCJメディアミニストリー「ふくいんのなみ」のトップページへ戻る

詩編 102編

主よ、わたしの祈りを聞いてください。
この叫びがあなたに届きますように。
苦難がわたしを襲う日に
御顔を隠すことなく、御耳を向け
あなたを呼ぶとき、急いで答えてください。日本聖書協会『聖書 新共同訳』 詩編 102編2節~3節

苦難の中で呼び求める

祈りは、私たち信仰者にとって、魂の呼吸だと言われます。それほど欠かすことができないものと考えられているのです。

この詩編の2節で、詩人は「わたしの祈りを聞いてください」と叫んでいます。叫びとして呼び求めるほどに、心の中に大きな圧迫を感じているのです。

詩人は「この叫びがあなたに届きますように」と祈ります。自分の心の中にある悩みと痛みを、どうしても神に聞き届けていただきたい、という願いがあふれているからです。

そして、自分がさまざまな苦難を体験していることを正直に告白し、祈り求めているのです。詩人が感じている苦難は激しいものでした。ですから、「苦難がわたしを襲う」と語っています。

苦難が襲う日、詩人はできるだけそれに耐えようと考えてはいません。むしろ、ただ神が自分を顧みてくださること、耳を向けて祈りを聞いてくださることを願い求めます。

私たちもまた、自分の人生の中で、さまざまな苦難を体験します。しかし、そのときに私たちは、一人で苦しみに耐えるのではなく、祈りに応えてくださる神に呼び求めましょう。

岡本 惠(湖北台教会)