2019年1月9日(水)驚くべき愛

 ごきげんいかがでしょうか。草加松原教会の川杉安美です。

 旧約時代、神様が御自身のお考えを人々に伝えるのに、預言者が遣わされました。預言者というのは、未来を予言する人のことではありません。神様の言葉を預かって、それを伝える者のことです。預言者は、時に言葉だけでなく、神様から示された行いや生活によって、神様のお考えを伝えました。

 紀元前700年前後のころにホセアという預言者がいました。神様はホセアに命じます。「夫に愛されていながら姦淫する女を愛せよ。」(ホセア書3:1より)ホセアの妻が、他の男の人の所に行ってしまいます。そういう裏切りの女を、なお愛しなさいというのです。それでホセアは、相手の男にお金を払って、裏切った妻を買い戻します。

 ホセアは言います。「お前は、他の男のものとならず、長い間わたしのもとで過ごせ。わたしもまた、お前のもとにとどまる。」(同3:3より)驚くべき寛容を示します。そのようにして、神様の愛を伝える役割を果たしたのでした。

 当時のイスラエルの民は、神様の民であったのに、他の神々を拝むようになってしまったのです。神様を裏切ってしまったのです。そういうイスラエルの民を、神様はなお愛し続けている、買い戻そうとされる、それを示されたのでした。裏切りの民は、一時的には懲らしめを受けなければなりませんでした。自らの罪に気づかなければなりませんでした。
 しかし、神様は言われます。「お前を見捨てることができようか。…わたしは激しく心を動かされ 憐れみに胸を焼かれる」(同11:8より)神様はそのような愛で、あなたを愛するというのです。


【今週のプレゼント】版画カレンダー(全員プレゼント・一人一枚)
【締切】1月13日 ●申込はこちら