あさのことば 2021年9月21日(火)放送

千ヶア基(横浜教会牧師)

千ヶア基(横浜教会牧師)

メッセージ: 神に感謝をささげよう



 いかがお過ごしでしょうか。横浜教会牧師の千ヶア基です。今日も神様の御言葉に聞きたいと思います。

 あるお店の中で、小さな子どもが母親に話している声が聞こえてきました。「自分のお小遣いなんだから何を買ってもいいでしょ。」たぶんお母さんは「無駄遣いしちゃ駄目だよ。」と話し、子どもは買いたいものを自由に選べない苛立ちが出てしまったのでしょう。手元にあるお小遣いは一体どこから来たのか。小さな子どもにはなかなか分からないかもしれません。でもそこには親の熱心な働きと苦労があったはずです。それに気付いて「ありがとう」という感謝の気持ちがあったなら、あのような会話にならなかったでしょう。

 詩編50編14節から15節にはこうあります。「告白を神へのいけにえとしてささげ、いと高き神に満願の献げ物をせよ。それから、わたしを呼ぶがよい。苦難の日、わたしはお前を救おう。そのことによって、お前はわたしの栄光を輝かすであろう。」

 私たちの心に、周囲に対する感謝の気持ちがどれぐらいあるでしょうか。世界を造り、命を与えてくださっている神様へ感謝のある人は、その思いを祈りとして神様にささげます。神様はその思いを喜び、「わたしはお前を救おう」と言って私たちに寄り添ってくださるのです。感謝と喜びに満ちたキャッチボールを神様とできることこそ、本当の「救い」なのです。

Copyright (C) 2021 RCJ Media Ministry All Rights Reserved.