あさのことば 2021年9月26日(日)放送

小宮山裕一(綱島教会牧師)

小宮山裕一(綱島教会牧師)

メッセージ: あなたは、何を



 どうもみなさん、ごきげんいかがですか。綱島教会牧師の小宮山裕一です。今日は日曜日。ともに集って神様を礼拝する日です。教会に行く人も行かない人も、神様からの祝福がありますように祈ります。

 イエス・キリストのもとに人々が集まってきました。もう良い時間になったので、弟子たちは人々を家に帰そうとしました。しかしイエスは人々を家に帰すのではなく、むしろ人々に食事を提供しようといわれました。この時集まっていたのは男だけで5000人と言われています。女性や子どもも合わせれば、2倍から3倍はいたでしょう。どうやってこの人々のお腹を満たすのか。弟子たちは途方に暮れてしまいました。

 手元にあるのは5つのパンと2匹の魚です。これでは多くの人のお腹をいっぱいにすることはできません。しかしイエスはこのパンと魚を取り、祈りをささげてこれを裂き、人々に与えました。5つのパンと2匹の魚。割いても割いてもなくなりません。多くの人々の手に行き渡ります。お腹がすいていた人もいたでしょう。子どもたちもよろこんでいます。本当に不思議なことなのですが、そこにいた全ての人々がこれを食べ、満足したというのです。さらにこのパンのくずを集めると、12のかごが一杯になったといわれています。まさに、大盤振る舞いです。(マタイ14:13-21参照)

 手元にあったのは2匹の魚と5つのパンです。小さな、わずかなものも、イエスの手に渡れば豊かになる。それがイエス・キリストという御方です。あなたはこの御方に、何を差し出しますか。

Copyright (C) 2021 RCJ Media Ministry All Rights Reserved.