あさのことば 2021年11月 8日(月)放送

石原知弘(東京恩寵教会牧師)

石原知弘(東京恩寵教会牧師)

メッセージ: 罪を認める〜人生を危険な乗り物としないために



 おはようございます。東京恩寵教会牧師の石原知弘です。
 東京恩寵教会は駒沢通りという大きな道路に面して建っています。私はいつもその道を歩いて家から教会へ行くのですが、そこで毎日のように怒っていることがあります。たくさんの自転車が信号無視をしていくのです。それも、ものすごい勢いで走り抜けていく自転車もあって、何度かぶつかりそうになったこともありました。自転車は環境に優しい乗り物ですが、ルールを守らないと危険な乗り物となってしまいます。

 私たちの人生そのものにも、大切なルールがあります。この世界と人間を造られた神が定められた律法というルールです。それは、神を愛し、人を愛するというもので、このルールを守ることで人は幸せに暮らすことができます。

 しかし聖書は、すべての人は神から離れ、神のルールを守らない罪人となったと教えています。それは人生そのものが危険な乗り物になってしまったようなものです。そのため交通ルールのような、世の中の大切なルールも守らなくなってしまったのです。

 まずはこの罪を認めることです。毎日自転車に対して怒っている私も罪人です。「日が暮れるまで怒ったままでいてはいけません」(エフェソ4:26)という聖書の言葉もあります。すべての人が自分の罪を認めて、悔い改めることができますように。そして、危険な人生ではなく安全で安心できる人生を歩むことができますように。

Copyright (C) 2021 RCJ Media Ministry All Rights Reserved.