あさのことば 2022年5月24日(火)放送

川栄智章(せんげん台教会牧師)

川栄智章(せんげん台教会牧師)

メッセージ: 神様が与えてくださった聖書



 いかがお過ごしでしょうか。せんげん台教会の川栄智章です。
 神様がどのような方であるかを知るために、神様は、私たちにご自身を啓示しなければなりませんでした。神様は、人よりはるかに超越されていて、優れて偉大な方ですから、私たちは、自分の力では、決して神様について知ることはできません。神様の方からへりくだって、私たちにご自身を現わして下さらなければ、私たちは、決して神を知ることが出来ないのです。

 新約聖書 テモテへの手紙一6章16節には、次のようにあります。「唯一の不死の存在、近寄り難い光の中に住まわれる方、だれ一人見たことがなく、見ることのできない方です。」

 私たちは、神様について永久に知ることはなかったでしょうが、神様の方から、聖書を通して、ご自身を現わしてくださいました。聖書は、神の霊に満たされた人々によって記述されましたので、実際の聖書の著者は、神様であると言って良いでしょう。もし、聖書の言葉に書き加える者に災いが加えられ、聖書の言葉を取り除くなら、永遠の命と天の嗣業が取り除かれると書かれています。(黙示録22:18-19参照)

 聖書には、素晴らしい神様について説明されていて、神様がどのように、イエス・キリストにある救いを私たちに与えて下さったのかが書かれています。これを一言で福音と言います。もし、聖書が無ければ、私たちは、神様を知ることができなかったですし、神様の救いを受け取ることもできませんでした。聖書は、神様からのラブレターなのです。

Copyright (C) 2022 RCJ Media Ministry All Rights Reserved.