あさのことば 2017年12月28日(木)放送

小堀昇(筑波みことば教会牧師)

小堀昇(筑波みことば教会牧師)

メッセージ: 道であるイエス

 皆さんお元気にお過ごしですか。私は茨城県つくば市東、谷田部東中斜め向かい、筑波みことば教会牧師の小堀昇です。朝のお忙しいひと時、少しお耳を傾けていただけませんか。運転中の皆さん、どうぞセイフティドライブでお出かけください。

 さて、私が子どもの頃のことでした。ある日両親と遠くの街に出かけました。ところが、何の拍子だったか覚えていませんけれども、両親とはぐれてしまったのです。道に迷ってしまったのです。まだ小さかったので、本当に心細い思いをしました。自分が何処を歩いているのかわからない。ここが何処なのかもわからない。どっちに行ったら家に帰れるのかもわからない。私は大変心細くなって泣き出してしまいました。そうしたら、その泣き声を聞きつけて、両親が捜しに来てくれて、事なきを得ました。

 私たちも人生、道に迷ってしまうことがあります。自分が今何処を歩いているのかわからない。ここが何処なのかもわからない。解決のためには、どっちに行ったらよいのかもわからない。そんなときが人生にはあるのではないでしょうか。しかし、イエスは言われました。

 「わたしは道であり、真理であり、命である。わたしを通らなければ、だれも父のもとに行くことができない。」ヨハネによる福音書の14章6節です。

 イエスは、「私が道であり」と言われました。あなたがもし道に迷ったら、あなたはイエスという道を通って、天国に行くことができます。あなたが真理を求めているならば、あなたはイエスという道を通って、真理を見出すことができます。あなたが命を求めているなら、あなたはイエスという道を通って、永遠の命を発見することができます。

 今年も、終わろうとしています。新しい年2018年。どうか一回だけの人生。道であるイエスを発見して下さい。そしたらあなたはもう、道に迷うことはありません。

コントローラ


自動再生されない方はこちらから再生(mp3形式)
Copyright (C) 2017 RCJ Media Ministry All Rights Reserved.