月刊誌リジョイス 聖書日課 2023年1月26日(木)

歴代上14章 主を尋ね求める王

  

ダビデは神に託宣を求めた。「ペリシテ人に向かって攻め上るべきでしょうか。…」主はダビデに答えられた。「攻め上れ。あなたの手に渡す。」(歴代上14:10)

 ティルスの王ヒラムはダビデのもとに使節を派遣し、王宮建築のための材料を送ってきました。この出来事はダビデ王が異邦の町の王からも尊敬を受ける王であったことを明らかにしています。しかし、すべての国がダビデ王の即位を喜んだわけではありません。ペリシテはダビデがイスラエルの王になった知らせを受けると、ダビデの命を狙おうと攻め上ってきました。ダビデはこれを聞いてすぐに出陣しました。敵がレファイムの谷に侵入したとき、ダビデは迎え撃つべきか主に託宣を求めます。

 歴代誌は、以前、サウルがなぜ王位から退けられ、死を迎えたかについて説明していました(10章)。それは、「主に尋ねようとしなかった」ゆえです。それに対して、新しい王は、サウルと違い、主に託宣を求めて戦いに臨みます。ここがサウルと明確に違います。神は託宣を求めるダビデに応え、勝利を与えました。

 私たちも困難に遭遇するとき、主を求め生きていきたいと思います。主を求めても、明確な答えが与えられないときもあります。しかし、主があなたの求めを確かに聞いておられることに間違いはありません。主が共にいてくださるならば、必ず主の目にふさわしい良き方向へと導かれるはずです。

 【祈り】 主よ。私たちの求めを聞いてくださいますように。きょうも私たちと共にいてください。

Copyright (C) 2022 RCJ Media Ministry All Rights Reserved.