あさのことば 2018年5月11日(金)放送

村田寿和(羽生栄光教会牧師)

村田寿和(羽生栄光教会牧師)

メッセージ: 救いとは

 いかがお過ごしでしょうか?羽生栄光教会の村田寿和です。
 聖書は「イエス・キリストを信じるならば、救われる」と教えています。しかし、救いとは何でしょうか?

 「救い」と一口に言っても、いろいろな救いがあると思います。病気の人には、癒されて健やかになることが救いと言えます。貧しい人にはお金が与えられることが救いと言えます。ある書物に「日本人が求めている救いは、貧困、病気、争いからの救いである。」と書いてあり、妙に納得した覚えがあります。

 イエス様の時代のユダヤ人たちにとって、救いとは、ローマ帝国の支配からの救いでした。人々は、政治的、軍事的な救い主を待ち望んでいたのです。しかし、イエス・キリストが与えてくださる救いは、罪からの救いであります。

 聖書に次のように記されています。
 「マリアは男の子を産む。その子をイエスと名付けなさい。この子は自分の民を罪から救うからである。」(マタイ1:21)

 イエス・キリストは御自分を信じる者たちを罪から救ってくださいます。そして、罪からの救いこそ、根本的な救いであるのです。なぜなら、貧困も、病気も、争いも、その原因は私たち人間の罪にあるからです。イエス様は、私たちに代わって罪の刑罰としての十字架の死を死んでくださいました。そのようにして、私たちを罪から救ってくださったのです。その確かな保証として、死から3日目に栄光の体で復活してくださったのです。

 イエス・キリストは、あなたを罪から救ってくださる救い主です。イエス・キリストを信じる人は、すべての罪を赦され、神様に正しい者として受け入れられるのです。

コントローラ


自動再生されない方はこちらから再生(mp3形式)
Copyright (C) 2018 RCJ Media Ministry All Rights Reserved.