ふさわしい実を結ぶ民族 | マタイによる福音書 21章33-46節

RCJメディアミニストリー「ふくいんのなみ」のトップページへ戻る

マタイによる福音書 21章33-46節

イエスは言われた。「聖書にこう書いてあるのを、まだ読んだことがないのか。
『家を建てる者の捨てた石、
これが隅の親石となった。…』
だから、言っておくが、神の国はあなたたちから取り上げられ、それにふさわしい実を結ぶ民族に与えられる。」日本聖書協会『聖書 新共同訳』 マタイによる福音書 21章42節~43節

ふさわしい実を結ぶ民族

主イエスは、ユダヤ教指導者たちに対して、旧約の御言葉を引用してご自分の十字架と復活を予告なさいました。神殿を建てる者がよく吟味し、価値が無いと判断して捨てた石が、いざ神殿が完成してみると、建物の最も大切な石として納まっていたという、神の摂理の驚きを歌う詩編の御言葉です。主イエスはその御言葉どおり、ユダヤ教の祭司長や民の長老たちの裁きと処刑をもって民に捨てられますが、復活によって栄光の座に着き、新しく建てられる神の教会の最も重要な土台となられました。

主イエスはさらに言われます。「神の国」は「それにふさわしい実を結ぶ民族」に任されると。キリストを土台とする教会こそ、神の国にふさわしい実を結ぶ民族なのです。イエス・キリストが土台となっている人は、実を結びます。その実とは、罪の悔い改め、信仰、そして、神の前にへりくだって生きることによって神の栄光を現すことです。

今週も神の国に適った実りを生み出すことができるよう、御前にへりくだって神と人とに仕え、土台である主イエスを見上げて歩んでいきましょう。

小澤 寿輔(高知教会)