キリストに向かって走る | ルカによる福音書 17章

RCJメディアミニストリー「ふくいんのなみ」のトップページへ戻る

ルカによる福音書 17章

「稲妻がひらめいて、大空の端から端へと輝くように、人の子もその日に現れるからである。しかし、人の子はまず必ず、多くの苦しみを受け、今の時代の者たちから排斥されることになっている。」
日本聖書協会『聖書 新共同訳』 ルカによる福音書 17章24節~25節

キリストに向かって走る

3・11の地震から5年たちました。町の復旧もままなりませんが、それ以上に、心に受けた深い傷はなかなか癒されません。神からの慰めを心から祈ります。

災害には備えが必要です。なおのこと世の終わりには備えが必要なはずです。どう備えるべきかが31~33節にあります。「その日には、屋上にいる者は、家の中に家財道具があっても、それを取り出そうとして下に降りてはならない。同じように、畑にいる者も帰ってはならない」のです。直訳すれば「畑にいる者は後ろのモノをふり返るな」となります。「後ろのモノ」とは過去の生活のことです。良いモノ、悪いモノどちらであっても捨てるのです。

最後の日に私たちはキリストの前に立ちます。誰もが丸裸で隠すことはできません。ただし信じる者たちには、キリストは恐ろしい方ではありません。「目の涙をことごとくぬぐい取ってくださる」お方なのです(黙21章4節)。だから共に「後ろのものを忘れ、前のものに全身を向けつつ、…目標を目指してひたすら走」りましょう(フィリ3章13、14節)。

西堀 元(熊本伝道所)