試みも恵みとする | 申命記 13章

RCJメディアミニストリー「ふくいんのなみ」のトップページへ戻る

申命記 13章

預言者や夢占いをする者が…しるしや奇跡を示して、…実現し…「あなたの知らなかった他の神々に従い、これに仕えよう…」と誘われても、…耳を貸してはならない。…主はあなたたちを試し、心を尽くし、魂を尽くして、あなたたちの神、主を愛するか…知ろうとされる…。申命記 13章2節~4節

試みも恵みとする

申命記では、この章から約束の地における具体的な生活のあり方を定める律法が語り始められます。ここでは、献げ物との関連で、肉の取り扱い方について丁寧な解説がなされています。基本は血を食べないことです。しかし、より重要なのは通常の食事とは異なり、神との会食は神の選ばれた場所においてなされるべきことが3回も繰り返されていることです(5、14、26節)。

それは、礼拝が食欲を満たすための気楽な普段の食事とは違い、神にお会いいただくために出かける特別な時であることを意味しています。けれども、それは、ただかしこまって神の御前に立つことではありません。7節に「主の御前で家族と共に食べ、あなたたちの手の働きをすべて喜び祝いなさい。あなたの神、主はあなたを祝福されているからである」とあるとおり、神の祝福を皆でかみしめる特別に楽しく嬉しい時です。

新約の神の民である私たちも神を礼拝することにおいては同じです。私たちも礼拝において、いただいた祝福をかみしめつつ、聖霊に導かれて、喜びを味わいます。

杉山 昌樹(新座志木教会)