平和の土台 | イザヤ書 32章1-8節

RCJメディアミニストリー「ふくいんのなみ」のトップページへ戻る

イザヤ書 32章1-8節

見よ、正義によって
一人の王が統治し
高官たちは、公平をもって支配する。
彼らはそれぞれ
風を遮り、雨を避ける所のように
また、水のない地を流れる水路のように
乾ききった地の大きな岩陰のようになる。イザヤ書 32章1節~2節

平和の土台

イザヤ書のこの個所では、新しい王の登場が語られています。新しい王がもたらす統治は公平です。そして、その公平な統治は、あたかも過酷な自然現象の中で深い困難を覚えている人たちにとっての逃れ場のようである、と続いています。

これは比喩的な表現ですが、それほどに公平の確立という事実に大きな力があることを示しています。イザヤ書では、この個所に続いて悪しき統治の様子が描かれます。その困った支配の一例が6節です。「飢えている者をむなしく去らせ、渇いている者の水を奪う」。正義と公平がないところでは、具体的に苦しむ人たちがないがしろにされていくと、預言者は指摘しています。

改めて確認したいことは、平和とは確かな具体的土台を必要としているということです。このところに従って言えば、公平な統治があることで、困難にある人たちも助けを期待できます。そして、確かに助けてもらえるという信頼のあるところにこそ、心からの平和があります。

私たちは、この日、自らと教会と社会に公平の実現を祈ります。

杉山 昌樹(新座志木教会)