やもめの粘り強い祈り | ルカによる福音書 18章1-8節

RCJメディアミニストリー「ふくいんのなみ」のトップページへ戻る

ルカによる福音書 18章1-8節

「まして神は、昼も夜も叫び求めている選ばれた人たちのために裁きを行わずに、彼らをいつまでもほうっておかれることがあろうか。」ルカによる福音書 18章7節

やもめの粘り強い祈り

この箇所は、終末を生きる信仰者の祈りの姿勢に焦点を当てています(17章20~37節、18章8節を参照)。主イエスは、「気を落とさずに絶えず祈らなければならないことを教えるために、弟子たちにたとえを話され」ました(1節)。

ある町に、神を畏れず人を人とも思わない裁判官と一人のやもめがいました。やもめは裁判官のところに来て、「相手を裁いて、わたしを守ってください」と願い求めます。彼女は自分の目的が成し遂げられるまで粘り強く訴え続けました。するとついに不正な裁判官はやもめの願いを聞いてくれたのです。

不正な裁判官でさえ、忍耐強く求めるならば願いを聞き入れました。ましてまことの神は、昼も夜も叫び求めるキリスト者の祈りをほうっておかれず、速やかに裁いてくださると言われます。

私たちにとって、祈りが「速やかに」聞かれるとは思えないことがあるかもしれません。この速やかさは、必ず応えられるとの神の約束です。やもめの粘り強い願いが聞かれたように、私たちの粘り強い祈りは必ず主なる神が応えてくださいます。

金 起泰(犬山教会)