長谷川 潤の聖書日課 22本

RCJメディアミニストリー「ふくいんのなみ」のトップページへ戻る
長谷川 潤

長谷川 潤(ハセガワ ジュン)

所属:四日市教会

長谷川 潤の聖書日課(日付順)

魂はキリストのもとへ

ルカによる福音書 23章

するとイエスは、「はっきり言っておくが、あなたは今日わたしと一緒に楽園にいる」と言われた。 ルカによる福音書 23章43節

死は勝利にのみ込まれた

コリントの信徒への手紙一 15章

この朽ちるべきものが朽ちないものを着、この死ぬべきものが死なないものを着るとき、次のように書かれている言葉が実現するのです。
「死は勝利にのみ込まれた」。 コリントの信徒への手紙一 15章54節

御子に似た者となる

ヨハネの手紙一 3章

しかし、御子が現れるとき、御子に似た者となるということを知っています。なぜなら、そのとき、御子をありのままに見るからです。 ヨハネの手紙一 3章2節

今、実感できる永遠の命

ローマの信徒への手紙 14章

神の国は、飲み食いではなく、聖霊によって与えられる義と平和と喜びなのです。 ローマの信徒への手紙 14章17節

主イエスとの命の交わり

ヨハネによる福音書 17章

永遠の命とは、唯一のまことの神であられるあなたと、あなたのお遣わしになったイエス・キリストを知ることです。 ヨハネによる福音書 17章3節

想像を絶する完全な祝福

コリントの信徒への手紙一 2章

しかし、このことは、
「目が見もせず、耳が聞きもせず、
人の心に思い浮かびもしなかったことを、
神は御自分を愛する者たちに準備された」
と書いてあるとおりです。 コリントの信徒への手紙一 2章9節

近寄ってくださる主イエス

ヨハネによる福音書 1章

その翌日、ヨハネは、自分の方へイエスが来られるのを見て言った。「見よ、世の罪を取り除く神の小羊だ。」 ヨハネによる福音書 1章29節

人間の心をよくご存じの主イエス

ヨハネによる福音書 2章

しかし、イエス御自身は彼らを信用されなかった。それは、すべての人のことを知っておられ、人間についてだれからも証ししてもらう必要がなかったからである。イエスは、何が人間の心の中にあるかをよく知っておられたのである。 ヨハネによる福音書 2章24節~25節

神の国に入るためには

ヨハネによる福音書 3章

「はっきり言っておく。人は、新たに生まれなければ、神の国を見ることはできない。」 ヨハネによる福音書 3章3節

主イエスよ、生きた水をください

ヨハネによる福音書 4章

イエスは答えて言われた。「もしあなたが、神の賜物を知っており、また、『水を飲ませてください』と言ったのがだれであるか知っていたならば、あなたの方からその人に頼み、その人はあなたに生きた水を与えたことであろう。」 ヨハネによる福音書 4章10節

起き上がりなさい

ヨハネによる福音書 5章

イエスは言われた。「起き上がりなさい。床を担いで歩きなさい。」すると、その人はすぐに良くなって、床を担いで歩きだした。 ヨハネによる福音書 5章8節~9節

わたしだ。恐れることはない

ヨハネによる福音書 6章

25ないし30スタディオンばかり漕ぎ出したころ、イエスが湖の上を歩いて舟に近づいて来られるのを見て、彼らは恐れた。イエスは言われた。「わたしだ。恐れることはない。」 ヨハネによる福音書 6章19節~20節

生きた水の流れのほとり

ヨハネによる福音書 7章

「渇いている人はだれでも、わたしのところに来て飲みなさい。わたしを信じる者は、聖書に書いてあるとおり、その人の内から生きた水が川となって流れ出るようになる。」 ヨハネによる福音書 7章37節~38節

主イエスは世の光

ヨハネによる福音書 8章

「わたしは世の光である。わたしに従う者は暗闇の中を歩かず、命の光を持つ。」 ヨハネによる福音書 8章12節

主イエスの御前にひざまずく信仰

ヨハネによる福音書 9章

イエスは彼が外に追い出されたことをお聞きになった。そして彼に出会うと、「あなたは人の子を信じるか」と言われた。…彼が、「主よ、信じます」と言って、ひざまずくと、イエスは言われた。 ヨハネによる福音書 9章35節~39節

主イエスは永遠の命への門

ヨハネによる福音書 10章

イエスはまた言われた。「はっきり言っておく。わたしは羊の門である。わたしより前に来た者は皆、盗人であり、強盗である。しかし、羊は彼らの言うことを聞かなかった。わたしは門である。わたしを通って入る者は救われる。」 ヨハネによる福音書 10章7節~9節

悩み苦しむ人の隣人となるために

ヨブ記 21章

どうか、わたしの言葉を聞いてくれ。
聞いてもらうことがわたしの慰めなのだ。
我慢して、わたしに話をさせてくれ。
わたしが話してから、嘲笑うがいい。 ヨブ記 21章2節~3節

神を正しく知ろう

ヨブ記 22章

もし、全能者のもとに立ち帰り
あなたの天幕から不正を遠ざけるなら
あなたは元どおりにしていただける。 ヨブ記 22章23節

万事、救いのために益となす主

ヨブ記 23章

神がいったん定められたなら
だれも翻すことはできない。
神は望むがままに行われる。
わたしのために定めたことを実行し
ほかにも多くのことを定めておられる。 ヨブ記 23省13節~14節

「神の日」に向かって

ヨブ記 24章

なぜ、全能者のもとには
さまざまな時が蓄えられていないのか。
なぜ、神を愛する者が
神の日を見ることができないのか。 ヨブ記 24章1節

神が備えていてくださる一本道

ヨブ記 25-26章

だが、これらは神の道のほんの一端。
神についてわたしたちの聞きえることは
なんと僅かなことか。
その雷鳴の力強さを誰が悟りえよう。 ヨブ記 26章14節

神について隠さずに語ろう

ヨブ記 27章

わたしがあなたたちに神の手の業を示し
全能者について隠さずに語ろう。 ヨブ記 27章11節