新約聖書「ヨハネ」の聖書日課 128件

RCJメディアミニストリー「ふくいんのなみ」のトップページへ戻る

新約聖書「ヨハネによる福音書」の聖書日課 128件

の聖書日課を章・節の順に表示。

ヨハネによる福音書 1章

初めに言があった。言は神と共にあった。言は神であった。
言は肉となって、わたしたちの間に宿られた。わたしたちはその栄光を見た。 ヨハネによる福音書 1章1節、14節

真の神が真の人に―神の言なればこそ

ヨハネによる福音書 1章1-18節

光は暗闇の中で輝いている。暗闇は光を理解しなかった。 ヨハネによる福音書 1章5節

人間を照らす光

ヨハネによる福音書 1章6-8,19-28節

神から遣わされた1人の人がいた。その名はヨハネである。彼は証しをするために来た。光について証しをするため、また、すべての人が彼によって信じるようになるためである。 ヨハネによる福音書 1章6節~7節

光を証しするために

ヨハネによる福音書 1章

言は肉となって、わたしたちの間に宿られた。わたしたちはその栄光を見た。それは父の独り子としての栄光であって、恵みと真理とに満ちていた。 ヨハネによる福音書 1章14節

肉となられた言

ヨハネによる福音書 1章

言は肉となって、わたしたちの間に宿られた。わたしたちはその栄光を見た。それは父の独り子としての栄光であって、恵みと真理とに満ちていた。 ヨハネによる福音書 1章14節

独り子を見つめる幸い

ヨハネによる福音書 1章

言は肉となって、わたしたちの間に宿られた。わたしたちはその栄光を見た。それは父の独り子としての栄光であって、恵みと真理とに満ちていた。…わたしたちは皆、この方の満ちあふれる豊かさの中から、恵みの上に、更に恵みを受けた。 ヨハネによる福音書 1章14節~16節

言が肉となった

ヨハネによる福音書 1章1-18節

言は肉となって、わたしたちの間に宿られた。わたしたちはその栄光を見た。それは父の独り子としての栄光であって、恵みと真理とに満ちていた。…わたしたちは皆、この方の満ちあふれる豊かさの中から、恵みの上に、更に恵みを受けた。 ヨハネによる福音書 1章14節、16節

満ちている神

ヨハネによる福音書 1章1-18節

言は肉となって、わたしたちの間に宿られた。わたしたちはその栄光を見た。それは父の独り子としての栄光であって、恵みと真理とに満ちていた。 ヨハネによる福音書 1章14節

その独り子

ヨハネによる福音書 1章

いまだかつて、神を見た者はいない。父のふところにいる独り子である神、この方が神を示されたのである。 ヨハネによる福音書 1章18節

既に父を見ている

ヨハネによる福音書 1章

その翌日、ヨハネは、自分の方へイエスが来られるのを見て言った。「見よ、世の罪を取り除く神の小羊だ。『わたしの後から一人の人が来られる。その方はわたしにまさる。わたしよりも先におられたからである』とわたしが言ったのは、この方のことである。」 ヨハネによる福音書 1章29節~30節

キリストとの出会い

ヨハネによる福音書 1章

その翌日、ヨハネは、自分の方へイエスが来られるのを見て言った。「見よ、世の罪を取り除く神の小羊だ。」 ヨハネによる福音書 1章29節

近寄ってくださる主イエス

ヨハネによる福音書 1章29-42節

イエスは、「来なさい、そうすれば分かる」と言われた。そこで、彼らはついて行って、どこにイエスが泊まっておられるかを見た。そしてその日は、イエスのもとに泊まった。午後4時ごろのことである。 ヨハネによる福音書 1章39節

世の罪を取り除く神の小羊

ヨハネによる福音書 1章43-51節

ナタナエルは答えた。「ラビ、あなたは神の子です。あなたはイスラエルの王です。」 ヨハネによる福音書 1章49節

主イエスに出会ったナタナエル

ヨハネによる福音書 2章1-11節

イエスは母に言われた。「婦人よ、わたしとどんなかかわりがあるのです。わたしの時はまだ来ていません。」 ヨハネによる福音書 2章4節

わたしの時はまだ来ていない

ヨハネによる福音書 2章

しかし、イエス御自身は彼らを信用されなかった。それは、すべての人のことを知っておられ、人間についてだれからも証ししてもらう必要がなかったからである。イエスは、何が人間の心の中にあるかをよく知っておられたのである。 ヨハネによる福音書 2章24節~25節

人間の心をよくご存じの主イエス

ヨハネによる福音書 3章

イエスは答えて言われた。「はっきり言っておく。人は、新たに生まれなければ、神の国を見ることはできない。…だれでも水と霊とによって生まれなければ、神の国に入ることはできない。」 ヨハネによる福音書 3章3節~5節

聖霊による新しい誕生

ヨハネによる福音書 3章

「はっきり言っておく。人は、新たに生まれなければ、神の国を見ることはできない。」 ヨハネによる福音書 3章3節

神の国に入るためには

ヨハネによる福音書 3章1-17節

イエスは答えて言われた。「はっきり言っておく。人は、新たに生まれなければ、神の国を見ることはできない。」 ヨハネによる福音書 3章3節

新たに生まれなければ

ヨハネによる福音書 3章

イエスはお答えになった。「はっきり言っておく。だれでも水と霊とによって生まれなければ、神の国に入ることはできない。」 ヨハネによる福音書 3章5節

水と霊とによって生まれる

ヨハネによる福音書 3章

「だれでも水と霊とによって生まれなければ、神の国に入ることはできない。…『あなたがたは新たに生まれねばならない』とあなたに言ったことに、驚いてはならない。風は思いのままに吹く。…霊から生まれた者も皆そのとおりである。」 ヨハネによる福音書 3章5節~8節

新しく生まれる

ヨハネによる福音書 3章1-17節

イエスはお答えになった。「はっきり言っておく。だれでも水と霊とによって生まれなければ、神の国に入ることはできない。 ヨハネによる福音書 3章5節

新たに生まれる

ヨハネによる福音書 3章

神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。独り子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである。 ヨハネによる福音書 3章16節

まことの神、イエス

ヨハネによる福音書 3章14-21節

神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。独り子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである。神が御子を世に遣わされたのは、世を裁くためではなく、御子によって世が救われるためである。 ヨハネによる福音書 3章16節~17節

裁きでなく救いのために

ヨハネによる福音書 3章1-21節

神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。独り子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである。 ヨハネによる福音書 3章16節

永遠の命を信ず

ヨハネによる福音書 3章

「神がお遣わしになった方は、神の言葉を話される。神が“霊”を限りなくお与えになるからである。…御子を信じる人は永遠の命を得ているが、御子に従わない者は、命にあずかることがないばかりか、神の怒りがその上にとどまる。」 ヨハネによる福音書 3章34節~36節

天国の扉を開く福音の説教

ヨハネによる福音書 4章

イエスは答えて言われた。「もしあなたが、神の賜物を知っており、また、『水を飲ませてください』と言ったのがだれであるか知っていたならば、あなたの方からその人に頼み、その人はあなたに生きた水を与えたことであろう。」 ヨハネによる福音書 4章10節

主イエスよ、生きた水をください

ヨハネによる福音書 4章5-26節

イエスが、「行って、あなたの夫をここに呼んで来なさい」と言われると、女は答えて、「わたしには夫はいません」と言った。イエスは言われた。「『夫はいません』とは、まさにそのとおりだ。…あなたは、ありのままを言ったわけだ。」 ヨハネによる福音書 4章16節~18節

主イエスへの真実の告白(祈り)

ヨハネによる福音書 4章

「まことの礼拝をする者たちが、霊と真理をもって父を礼拝する時が来る。今がその時である。なぜなら、父はこのように礼拝する者を求めておられるからだ。神は霊である。だから、神を礼拝する者は、霊と真理をもって礼拝しなければならない。」 ヨハネによる福音書 4章23節~24節

霊と真理をもって礼拝を

ヨハネによる福音書 5章1-9節

イエスは、その人が横たわっているのを見、また、もう長い間病気であるのを知って、「良くなりたいか」と言われた。…イエスは言われた。「起き上がりなさい。床を担いで歩きなさい。」 ヨハネによる福音書 5章6節~8節

憐れみの泉なるイエス・キリスト

ヨハネによる福音書 5章

イエスは言われた。「起き上がりなさい。床を担いで歩きなさい。」すると、その人はすぐに良くなって、床を担いで歩きだした。 ヨハネによる福音書 5章8節~9節

起き上がりなさい

ヨハネによる福音書 5章

「あなたたちは聖書の中に永遠の命があると考えて、聖書を研究している。ところが、聖書はわたしについて証しをするものだ。」 ヨハネによる福音書 5章39節

聖書はイエスを証しするもの

ヨハネによる福音書 6章

25ないし30スタディオンばかり漕ぎ出したころ、イエスが湖の上を歩いて舟に近づいて来られるのを見て、彼らは恐れた。イエスは言われた。「わたしだ。恐れることはない。」 ヨハネによる福音書 6章19節~20節

わたしだ。恐れることはない

ヨハネによる福音書 6章22-59節

そこで、彼らが、「主よ、そのパンをいつもわたしたちにください」と言うと、イエスは言われた。「わたしが命のパンである。わたしのもとに来る者は決して飢えることがなく、わたしを信じる者は決して渇くことがない。」 ヨハネによる福音書 6章34節~35節

わたしは命のパンである

ヨハネによる福音書 6章

「わたしは、天から降って来た生きたパンである。このパンを食べるならば、その人は永遠に生きる。わたしが与えるパンとは、世を生かすためのわたしの肉のことである。」
ヨハネによる福音書 6:51

信仰の心をもって聖餐にあずかる

ヨハネによる福音書 6章

「わたしは、天から降って来た生きたパンである。このパンを食べるならば、その人は永遠に生きる。わたしが与えるパンとは、世を生かすためのわたしの肉のことである。」
ヨハネによる福音書 6章51節

天からの生きたパンは命の養い

ヨハネによる福音書 6章

わたしの肉はまことの食べ物、わたしの血はまことの飲み物だからである。わたしの肉を食べ、わたしの血を飲む者は、いつもわたしの内におり、わたしもまたいつもその人の内にいる。 ヨハネによる福音書 6章55節~56節

いよいよ一つにされていく

ヨハネによる福音書 7章

「渇いている人はだれでも、わたしのところに来て飲みなさい。わたしを信じる者は、聖書に書いてあるとおり、その人の内から生きた水が川となって流れ出るようになる。」 ヨハネによる福音書 7章37節~38節

生きた水の流れのほとり

ヨハネによる福音書 7章37-39節

「渇いている人はだれでも、わたしのところに来て飲みなさい。わたしを信じる者は、聖書に書いてあるとおり、その人の内から生きた水が川となって流れ出るようになる。」 ヨハネによる福音書 7章37節~38節

どのような渇きであれ、神の御前で

ヨハネによる福音書 8章

イエスは言われた。「わたしもあなたを罪に定めない。行きなさい。これからは、もう罪を犯してはならない。」 ヨハネによる福音書 8章11節

これからは、もう罪を犯してはならない

ヨハネによる福音書 8章

「わたしは世の光である。わたしに従う者は暗闇の中を歩かず、命の光を持つ。」 ヨハネによる福音書 8章12節

主イエスは世の光

ヨハネによる福音書 8章12-20節

イエスは再び言われた。「わたしは世の光である。わたしに従う者は暗闇の中を歩かず、命の光を持つ。」 ヨハネによる福音書 8章12節

わたしは世の光である

ヨハネによる福音書 8章

「悪魔が偽りを言うときは、その本性から言っている。自分が偽り者であり、その父だからである。」 ヨハネによる福音書 8章44節

ただ真実を語る

ヨハネによる福音書 9章

「ただ一つ知っているのは、目の見えなかったわたしが、今は見えるということです。」 ヨハネによる福音書 9章25節

クリスマスの心・賛美

ヨハネによる福音書 9章

イエスは彼が外に追い出されたことをお聞きになった。そして彼に出会うと、「あなたは人の子を信じるか」と言われた。…彼が、「主よ、信じます」と言って、ひざまずくと、イエスは言われた。 ヨハネによる福音書 9章35節~39節

主イエスの御前にひざまずく信仰

ヨハネによる福音書 9章

イエスは彼が外に追い出されたことをお聞きになった。そして彼に出会うと、「あなたは人の子を信じるか」と言われた。 ヨハネによる福音書 9章35節

あなたは人の子を信じるか

ヨハネによる福音書 9章1-41節

イエスは言われた。「わたしがこの世に来たのは、裁くためである。こうして、見えない者は見えるようになり、見える者は見えないようになる。」 ヨハネによる福音書 9章39節

主の恵みの御業にある幸い

ヨハネによる福音書 10章

イエスはまた言われた。「はっきり言っておく。わたしは羊の門である。わたしより前に来た者は皆、盗人であり、強盗である。しかし、羊は彼らの言うことを聞かなかった。わたしは門である。わたしを通って入る者は救われる。」 ヨハネによる福音書 10章7節~9節

主イエスは永遠の命への門

ヨハネによる福音書 10章1-10節

イエスはまた言われた。「はっきり言っておく。わたしは羊の門である。わたしより前に来た者は皆、盗人であり、強盗である。しかし、羊は彼らの言うことを聞かなかった。わたしは門である。わたしを通って入る者は救われる。その人は、門を出入りして牧草を見つける。 ヨハネによる福音書 10章7節~9節

羊の門であり、良い羊飼いである主イエス

ヨハネによる福音書 10章1-10節

「わたしは門である。わたしを通って入る者は救われる。その人は、門を出入りして牧草を見つける。」 ヨハネによる福音書 10章9節

わたしは羊の門である

ヨハネによる福音書 10章1-10節

わたしは門である。わたしを通って入る者は救われる。その人は、門を出入りして牧草を見つける。…わたしが来たのは、羊が命を受けるため、しかも豊かに受けるためである。 ヨハネによる福音書 10章9節~10節

わたしは門である

ヨハネによる福音書 10章11-18節

わたしは良い羊飼いである。良い羊飼いは羊のために命を捨てる。…わたしは良い羊飼いである。わたしは自分の羊を知っており、羊もわたしを知っている。それは、父がわたしを知っておられ、わたしが父を知っているのと同じである。わたしは羊のために命を捨てる。 ヨハネによる福音書 10章11節~15節

わたしは良い羊飼いである

ヨハネによる福音書 10章11-18節

「わたしは良い羊飼いである。良い羊飼いは羊のために命を捨てる。」 ヨハネによる福音書 10章11説

主は良い羊飼い

ヨハネによる福音書 10章

「わたしは良い羊飼いである。わたしは自分の羊を知っており、羊もわたしを知っている。…わたしは羊のために命を捨てる。」 ヨハネによる福音書 10章14節~15節

イエス・キリストの羊

ヨハネによる福音書 10章

「羊は一人の羊飼いに導かれ、一つの群れになる。」 ヨハネによる福音書 10章16節

「われらの」~一つの群れの祈り

ヨハネによる福音書 22-30節

すると、ユダヤ人たちがイエスを取り囲んで言った。「いつまで、わたしたちに気をもませるのか。もしメシアなら、はっきりそう言いなさい。」イエスは答えられた。「…しかし、あなたたちは信じない。わたしの羊ではないからである。」 ヨハネによる福音書 10章24節~26節

あなたはわたしの羊なのか

ヨハネによる福音書 10章

わたしは彼らに永遠の命を与える。彼らは決して滅びず、だれも彼らをわたしの手から奪うことはできない。 ヨハネによる福音書 10章28節

わたしは良い羊飼い

ヨハネによる福音書 11章1-44節

イエスは言われた。「わたしは復活であり、命である。わたしを信じる者は、死んでも生きる。生きていてわたしを信じる者はだれも、決して死ぬことはない。このことを信じるか。」 ヨハネによる福音書 11章25節~26節

このことを信じるか

ヨハネによる福音書 11章1-44節

イエスは言われた。「わたしは復活であり、命である。わたしを信じる者は、死んでも生きる。生きていてわたしを信じる者はだれも、決して死ぬことはない。このことを信じるか。」 ヨハネによる福音書 11章25節~26節

わたしは復活であり命である

ヨハネによる福音書 11章

イエスは涙を流された。 ヨハネによる福音書 11章35節

イエスは涙を流された

ヨハネによる福音書 12章1-11節

過越祭の6日前に、イエスはベタニアに行かれた。そこには、イエスが死者の中からよみがえらせたラザロがいた。…ラザロは、イエスと共に食事の席に着いた人々の中にいた。イエスは言われた。「…わたしの葬りの日のために、それを取って置いたのだから。」 ヨハネによる福音書 12章1節~2節、7節

ラザロとの食卓と葬りの備え

ヨハネによる福音書 12章

そのとき、マリアが純粋で非常に高価なナルドの香油を1リトラ持って来て、イエスの足に塗り、自分の髪でその足をぬぐった。家は香油の香りでいっぱいになった。 ヨハネによる福音書 12章3節

愛の香油

ヨハネによる福音書 1-8節

そのとき、マリアが純粋で非常に高価なナルドの香油を1リトラ持って来て、イエスの足に塗り、自分の髪でその足をぬぐった。家は香油の香りでいっぱいになった。 ヨハネによる福音書 12章3節

ナルドの香油

ヨハネによる福音書 12章20-36節

「人の子が栄光を受ける時が来た。はっきり言っておく。一粒の麦は、地に落ちて死ななければ、一粒のままである。だが、死ねば、多くの実を結ぶ。」 ヨハネによる福音書 12章23節~24節

一粒の麦

ヨハネによる福音書 13章1-17節

イエスは、父がすべてを御自分の手にゆだねられたこと、また、御自分が神のもとから来て、神のもとに帰ろうとしていることを悟り…たらいに水をくんで弟子たちの足を洗い…ふき始められた。 ヨハネによる福音書 13章3節~5節

弟子の足を洗う主イエス

ヨハネによる福音書 13章21-32節

イエスはこう話し終えると、心を騒がせ、断言された。「はっきり言っておく。あなたがたのうちの一人がわたしを裏切ろうとしている。」 ヨハネによる福音書 13章21節

裏切りの予告

ヨハネによる福音書 13章

あなたがたに新しい掟を与える。互いに愛し合いなさい。わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合いなさい。 ヨハネによる福音書 13章34節

互いに愛し合いなさい

ヨハネによる福音書 13章31-35節

あなたがたに新しい掟を与える。互いに愛し合いなさい。わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合いなさい。 ヨハネによる福音書 13章34節

あなたがたが互いに愛し合うならば

ヨハネによる福音書 14章

わたしの父の家には住む所がたくさんある。もしなければ、あなたがたのために場所を用意しに行くと言ったであろうか。 ヨハネによる福音書 14章2節

キリストが天に

ヨハネによる福音書 14章1-14節

イエスは言われた。「わたしは道であり、真理であり、命である。わたしを通らなければ、だれも父のもとに行くことができない。あなたがたがわたしを知っているなら、わたしの父をも知ることになる。今から、あなたがたは父を知る。いや、既に父を見ている。」 ヨハネによる福音書 14章6節~7節

道であり、真理であり、命である主イエス

ヨハネによる福音書 14章1-14節

イエスは言われた。「わたしは道であり、真理であり、命である。わたしを通らなければ、だれも父のもとに行くことができない。あなたがたがわたしを知っているなら、わたしの父をも知ることになる。今から、あなたがたは父を知る。いや、既に父を見ている。」 ヨハネによる福音書 14章6節~7節

わたしは道であり真理であり命である

ヨハネによる福音書 14章

「あなたがたがわたしを知っているなら、わたしの父をも知ることになる。今から、あなたがたは父を知る。いや、既に父を見ている。」 ヨハネによる福音書 14章7節

父を知って祈る

ヨハネによる福音書 14章1-14節

「はっきり言っておく。わたしを信じる者は、わたしが行う業を行い、また、もっと大きな業を行うようになる。わたしが父のもとへ行くからである。」 ヨハネによる福音書 14章12節

ペンテコステ(1)もっと大きな業を

ヨハネによる福音書 14章

わたしの名によって願うことは、何でもかなえてあげよう。こうして、父は子によって栄光をお受けになる。 ヨハネによる福音書 14章13節

何でもかなえられるとは?

ヨハネによる福音書 14章

「わたしの名によって何かを願うならば、わたしがかなえてあげよう。」 ヨハネによる福音書 14章14節

主よ、憐れみたまえ

ヨハネによる福音書 14章

わたしは父にお願いしよう。父は別の弁護者を遣わして、永遠にあなたがたと一緒にいるようにしてくださる。 ヨハネによる福音書 14章16節

キリストの聖霊

ヨハネによる福音書 14章

わたしは父にお願いしよう。父は別の弁護者を遣わして、永遠にあなたがたと一緒にいるようにしてくださる。この方は、真理の霊である。…この霊があなたがたと共におり、これからも、あなたがたの内にいるからである。 ヨハネによる福音書 14章16節~17節

永遠にあなたがたと一緒に

ヨハネによる福音書 14章15-21節

「わたしは父にお願いしよう。父は別の弁護者を遣わして、永遠にあなたがたと一緒にいるようにしてくださる。この方は、真理の霊である。世は、この霊を見ようとも知ろうともしないので、受け入れることができない。しかし、あなたがたはこの霊を知っている。」 ヨハネによる福音書 14章16節~17節

別の弁護者を遣わす主イエス

ヨハネによる福音書 14章8-17節

この方は、真理の霊である。世は、この霊を見ようとも知ろうともしないので、受け入れることができない。しかし、あなたがたはこの霊を知っている。この霊があなたがたと共におり、これからも、あなたがたの内にいるからである。 ヨハネによる福音書 14章17節

私たちと一緒におられる聖霊

ヨハネによる福音書 14章15-21節

「わたしは、あなたがたをみなしごにはしておかない。あなたがたのところに戻って来る。しばらくすると、世はもうわたしを見なくなるが、あなたがたはわたしを見る。わたしが生きているので、あなたがたも生きることになる。」 ヨハネによる福音書 14章18節~19節

ペンテコステ(2)みなしごではない

ヨハネによる福音書 14章

わたしは、あなたがたをみなしごにはしておかない。あなたがたのところに戻って来る。…かの日には、わたしが父の内におり、あなたがたがわたしの内におり、わたしもあなたがたの内にいることが、あなたがたに分かる。 ヨハネによる福音書 14章18節~20節

みなしごにはしておかない

ヨハネによる福音書 14章

14章 ヨハネによる福音書 14章27節、31節

さあ、立て。ここから出かけよう

ヨハネによる福音書 15章

わたしはぶどうの木、あなたがたはその枝である。人がわたしにつながっており、わたしもその人につながっていれば、その人は豊かに実を結ぶ。わたしを離れては、あなたがたは何もできないからである。 ヨハネによる福音書 15章5節

わたしはぶどうの木

ヨハネによる福音書 15章

わたしはぶどうの木、あなたがたはその枝である。人がわたしにつながっており、わたしもその人につながっていれば、その人は豊かに実を結ぶ。わたしを離れては、あなたがたは何もできないからである。 ヨハネによる福音書 15章5節

主イエスから注がれる恵み

ヨハネによる福音書 15章1-8節

「あなたがたが豊かに実を結び、わたしの弟子となるなら、それによって、わたしの父は栄光をお受けになる。」 ヨハネによる福音書 15章8節

主イエスにつながって生きる

ヨハネによる福音書 15章11-17節

わたしがあなたがたを愛したように、互いに愛し合いなさい。これがわたしの掟である。友のために自分の命を捨てること、これ以上に大きな愛はない。わたしの命じることを行うならば、あなたがたはわたしの友である。…わたしはあなたがたを友と呼ぶ。 ヨハネによる福音書 15章12節~15節

あなたがたはわたしの友である

ヨハネによる福音書 15章9-17節

「友のために自分の命を捨てること、これ以上に大きな愛はない。わたしの命じることを行うならば、あなたがたはわたしの友である。」 ヨハネによる福音書 15章13節~14節

主イエスの友となる

ヨハネによる福音書 15章

わたしの命じることを行うならば、あなたがたはわたしの友である。もはや、わたしはあなたがたを僕とは呼ばない。僕は主人が何をしているか知らないからである。わたしはあなたがたを友と呼ぶ。 ヨハネによる福音書 15章14節~15節

キリストに従うということ

ヨハネによる福音書 15章

あなたがたがわたしを選んだのではない。わたしがあなたがたを選んだ。 ヨハネによる福音書 15章16節

神の全能、己の無能

ヨハネによる福音書 15章

「あなたがたがわたしを選んだのではない。わたしがあなたがたを選んだ。あなたがたが出かけて行って実を結び、その実が残るようにと、また、わたしの名によって父に願うものは何でも与えられるようにと、わたしがあなたがたを任命したのである。」 ヨハネによる福音書 15章16節

わたしがあなたがたを選んだ

ヨハネによる福音書 15章

わたしが父のもとからあなたがたに遣わそうとしている弁護者、すなわち、父のもとから出る真理の霊が来るとき、その方がわたしについて証しをなさるはずである。 ヨハネによる福音書 15章26節

三位一体と使徒信条

ヨハネによる福音書 16章

しかし、実を言うと、わたしが去って行くのは、あなたがたのためになる。わたしが去って行かなければ、弁護者はあなたがたのところに来ないからである。わたしが行けば、弁護者をあなたがたのところに送る。 ヨハネによる福音書 16章7節

聖霊を遣わすために

ヨハネによる福音書 16章12-15節

「しかし、その方、すなわち、真理の霊が来ると、あなたがたを導いて真理をことごとく悟らせる。その方は、自分から語るのではなく、聞いたことを語り、また、これから起こることをあなたがたに告げるからである。」(ヨハネ16:13) ヨハネによる福音書 16章13節

三位一体の神

ヨハネによる福音書 16章

「あなたがたが散らされて自分の家に帰ってしまい、わたしをひとりきりにする時が来る。いや、既に来ている。しかし、わたしはひとりではない。父が、共にいてくださるからだ。」 ヨハネによる福音書 16章32節

わたしはひとりではない

ヨハネによる福音書 17章

永遠の命とは、唯一のまことの神であられるあなたと、あなたのお遣わしになったイエス・キリストを知ることです。 ヨハネによる福音書 17章3節

主イエスとの命の交わり

ヨハネによる福音書 17章

永遠の命とは、唯一のまことの神であられるあなたと、あなたのお遣わしになったイエス・キリストを知ることです。 ヨハネによる福音書 17章3節

悔い改めの実

ヨハネによる福音書 17章

「わたしは、もはや世にはいません。彼らは世に残りますが、わたしはみもとに参ります。…わたしたちのように、彼らも一つとなるためです。…世にいる間に、これらのことを語るのは、わたしの喜びが彼らの内に満ちあふれるようになるためです。」 ヨハネによる福音書 17章11節~13節

一つとなる

ヨハネによる福音書 17章6-19節

わたしを世にお遣わしになったように、わたしも彼らを世に遣わしました。彼らのために、わたしは自分自身をささげます。彼らも、真理によってささげられた者となるためです。 ヨハネによる福音書 17章18節~19節

世に遣わされた弟子たち

ヨハネによる福音書 17章

あなたがくださった栄光を、わたしは彼らに与えました。わたしたちが一つであるように、彼らも一つになるためです。 ヨハネによる福音書 17章22節

三位一体と信徒の交わり

ヨハネによる福音書 17章20-26節

…栄光を、わたしは彼らに与えました。わたしたちが一つであるように、彼らも一つになるためです。わたしが彼らの内におり、あなたがわたしの内におられるのは、彼らが完全に一つになるためです。こうして、あなたがわたしをお遣わしになったこと、…彼らをも愛しておられたことを、世が知るようになります。 ヨハネによる福音書 17章22節~23節

キリストにあって一つになる

ヨハネによる福音書 18章

シモン・ペトロは立って火にあたっていた。人々が、「お前もあの男の弟子の1人ではないのか」と言うと、ペトロは打ち消して、「違う」と言った。…「園であの男と一緒にいるのを、わたしに見られたではないか。」ペトロは、再び打ち消した。するとすぐ、鶏が鳴いた。 ヨハネによる福音書 18章25節~27節

鶏が鳴いた

ヨハネによる福音書 18章1節-19章37節

そこでピラトが、「それでは、やはり王なのか」と言うと、イエスはお答えになった。「わたしが王だとは、あなたが言っていることです。…真理に属する人は皆、わたしの声を聞く。」ピラトは言った。「真理とは何か。」 ヨハネによる福音書 18章37節~38節

真理とは何か

ヨハネによる福音書 19章26-27節

イエスは、母とそのそばにいる愛する弟子とを見て、母に、「婦人よ、御覧なさい。あなたの子です」と言われた。それから弟子に言われた。「見なさい。あなたの母です。」 ヨハネによる福音書 19章26節~27節

十字架が結び合わせる神の家族

ヨハネによる福音書 19章26-27節

イエスは、母とそのそばにいる愛する弟子とを見て、母に、「婦人よ、御覧なさい。あなたの子です」と言われた。それから弟子に言われた。「見なさい。あなたの母です。」そのときから、この弟子はイエスの母を自分の家に引き取った。 ヨハネによる福音書 19章26節~27節

十字架上の第三のことば-愛情-

ヨハネによる福音書 19章28節

この後、イエスは、すべてのことが今や成し遂げられたのを知り、「渇く」と言われた。こうして、聖書の言葉が実現した。 ヨハネによる福音書 19章28節

渇きを癒す水

ヨハネによる福音書 19章28節

この後、イエスは、すべてのことが今や成し遂げられたのを知り、「渇く」と言われた。こうして、聖書の言葉が実現した。 ヨハネによる福音書 19章28節

十字架上の第五のことば-苦痛-

ヨハネによる福音書 19章

イエスは、このぶどう酒を受けると、「成し遂げられた」と言い、頭を垂れて息を引き取られた。 ヨハネによる福音書 19章30節

成し遂げられた

ヨハネによる福音書 19章29-30節

イエスは、このぶどう酒を受けると、「成し遂げられた」と言い、頭を垂れて息を引き取られた。 ヨハネによる福音書 19:30

救いが成し遂げられた

ヨハネによる福音書 19章29-30節

イエスは、このぶどう酒を受けると、「成し遂げられた」と言い、頭を垂れて息を引き取られた。 ヨハネによる福音書 19章30節

十字架上の第六のことば-勝利-

ヨハネによる福音書 19章

そこで、兵士たちが来て、イエスと一緒に十字架につけられた最初の男と、もう1人の男との足を折った。イエスのところに来てみると、既に死んでおられたので、その足は折らなかった。しかし、兵士の1人が槍でイエスのわき腹を刺した。すると、すぐ血と水とが流れ出た。 ヨハネによる福音書 19章32節~34節

まことの小羊

ヨハネによる福音書 19章38-42節

その後、イエスの弟子でありながら、ユダヤ人たちを恐れて、そのことを隠していたアリマタヤ出身のヨセフが、イエスの遺体を取り降ろしたいと、ピラトに願い出た。ピラトが許したので、ヨセフは行って遺体を取り降ろした。 ヨハネによる福音書 19章38節

葬られ

ヨハネによる福音書 19章38-42節

彼らはイエスの遺体を受け取り、ユダヤ人の埋葬の習慣に従い、香料を添えて亜麻布で包んだ。イエスが十字架につけられた所には園があり、そこには、だれもまだ葬られたことのない新しい墓があった。 ヨハネによる福音書 19章40節~41節

主イエスの埋葬

ヨハネによる福音書 20章3-8節

そこで、ペトロとそのもう一人の弟子は、外に出て墓へ行った。…イエスの頭を包んでいた覆いは、亜麻布と同じ所には置いてなく、離れた所に丸めてあった。それから、先に墓に着いたもう一人の弟子も入って来て、見て、信じた。」 ヨハネによる福音書 20章3節、7~8節

主イエスの復活を信じる

ヨハネによる福音書 20章1-18節

天使たちが、「婦人よ、なぜ泣いているのか」と言うと、マリアは言った。「わたしの主が取り去られました。どこに置かれているのか、わたしには分かりません。」こう言いながら後ろを振り向くと、イエスの立っておられるのが見えた。しかし、それがイエスだとは分からなかった。 ヨハネによる福音書 20章13節~14節

後ろから語りかけてくださる主イエス

ヨハネによる福音書 20章11-18節

イエスは言われた。「婦人よ、なぜ泣いているのか。だれを捜しているのか。」マリアは、園丁だと思って言った。…イエスが、「マリア」と言われると、彼女は振り向いて、ヘブライ語で、「ラボニ」と言った。「先生」という意味である。 ヨハネによる福音書 20章15~16節

捜しているお方に出会う

ヨハネによる福音書 20章1-18節

イエスは言われた。「わたしにすがりつくのはよしなさい。まだ父のもとへ上っていないのだから。わたしの兄弟たちのところへ行って、こう言いなさい。『…あなたがたの神である方のところへわたしは上る』と。」 ヨハネによる福音書 20章17節

父である神のもとに昇る

ヨハネによる福音書 20章

その日、すなわち週の初めの日の夕方、弟子たちはユダヤ人を恐れて、自分たちのいる家の戸に鍵をかけていた。そこへ、イエスが来て真ん中に立ち、「あなたがたに平和があるように」と言われた。そう言って、手とわき腹とをお見せになった。弟子たちは、主を見て喜んだ。 ヨハネによる福音書 20章19節~20節

あなたがたに平和があるように

ヨハネによる福音書 20章19-31節

「あなたがたに平和があるように。父がわたしをお遣わしになったように、わたしもあなたがたを遣わす。」そう言ってから、彼らに息を吹きかけて言われた。「聖霊を受けなさい。だれの罪でも、あなたがたが赦せば、その罪は赦される。だれの罪でも、あなたがたが赦さなければ、赦されないまま残る。」 ヨハネによる福音書 20章21節~23節

あなたがたを遣わす

ヨハネによる福音書 20章19-23節

イエスは重ねて言われた。「あなたがたに平和があるように。父がわたしをお遣わしになったように、わたしもあなたがたを遣わす。」そう言ってから、彼らに息を吹きかけて言われた。「聖霊を受けなさい。」 ヨハネによる福音書 20章21節~22節

ペンテコステ(3)「聖霊を受けなさい」

ヨハネによる福音書 20章

彼らに息を吹きかけて言われた。「聖霊を受けなさい。だれの罪でも、あなたがたが赦せば、その罪は赦される。だれの罪でも、あなたがたが赦さなければ、赦されないまま残る。」 ヨハネによる福音書 20章22節~23節

ただ聖霊によって

ヨハネによる福音書 20章19-31節

トマスは言った。「あの方の手に釘の跡を見、この指を釘跡に入れてみなければ、また、この手をそのわき腹に入れてみなければ、わたしは決して信じない。」さて8日の後、弟子たちはまた家の中におり、トマスも一緒にいた。…イエスが来て真ん中に立ち、「あなたがたに平和があるように」と言われた。 ヨハネによる福音書 20章25節~26節

聖霊を受けなさい

ヨハネによる福音書 20章19-31節

さて8日の後、弟子たちはまた家の中におり、トマスも一緒にいた。戸にはみな鍵がかけてあったのに、イエスが来て真ん中に立ち、「あなたがたに平和があるように」と言われた。 ヨハネによる福音書 20章26節

主のみが与えることのできる真の平和

ヨハネによる福音書 20章24-29節

トマスは答えて、「わたしの主、わたしの神よ」と言った。 ヨハネによる福音書 20章28節

我らの主

ヨハネによる福音書 20章19-31節

イエスはトマスに言われた。「わたしを見たから信じたのか。見ないのに信じる人は、幸いである。」 ヨハネによる福音書 20章29節

信じる幸い

ヨハネによる福音書 20章24-29節

イエスはトマスに言われた。「わたしを見たから信じたのか。見ないのに信じる人は、幸いである。」 ヨハネによる福音書 20章29節

見ないのに信じる

ヨハネによる福音書 20章

このほかにも、イエスは弟子たちの前で、多くのしるしをなさったが、それはこの書物に書かれていない。これらのことが書かれたのは、あなたがたが、イエスは神の子メシアであると信じるためであり、また、信じてイエスの名により命を受けるためである。 ヨハネによる福音書 20章30節~31節

キリスト者が信じるべき最も大切なこと

ヨハネによる福音書 21章1-14節

イエスが、「子たちよ、何か食べる物があるか」と言われると、彼らは、「ありません」と答えた。イエスは言われた。「舟の右側に網を打ちなさい。そうすればとれるはずだ。」そこで、網を打ってみると、魚があまり多くて、もはや網を引き上げることができなかった。 ヨハネによる福音書 21章5節~6節

イエスが主であると知る

ヨハネによる福音書 21章1-19節

ペトロは、イエスが3度目も、「わたしを愛しているか」と言われたので、悲しくなった。…イエスは言われた。「わたしの羊を飼いなさい。」 ヨハネによる福音書 21章17節

使命の回復

ヨハネによる福音書 21章

ペトロは彼を見て、「主よ、この人はどうなるのでしょうか」と言った。イエスは言われた。「わたしの来るときまで彼が生きていることを、わたしが望んだとしても、あなたに何の関係があるか。あなたは、わたしに従いなさい。」 ヨハネによる福音書 21章21節~22節

あなたは、わたしに従いなさい

聖書66巻から探す

過去の聖書日課を聖書別に表示しています。聖書は旧約・新約合わせて66巻あります。

旧約聖書
創世記 63件
出エジプト記 32件
レビ記 16件
民数記 25件
申命記 38件
ヨシュア記 25件
士師記 20件
ルツ記 4件
サムエル記上 33件
サムエル記下 26件
列王記上 2件
列王記下 1件
歴代誌上 0件
歴代誌下 0件
エズラ記 10件
ネヘミヤ記 12件
エステル記 1件
ヨブ記 40件
詩編 122件
箴言 35件
コヘレトの言葉 1件
雅歌 8件
イザヤ書 73件
エレミヤ書 50件
哀歌 5件
エゼキエル書 49件
ダニエル書 12件
ホセア書 14件
ヨエル書 4件
アモス書 18件
オバデヤ書 1件
ヨナ書 4件
ミカ書 8件
ナホム書 3件
ハバクク書 6件
ゼファニヤ書 0件
ハガイ書 0件
ゼカリヤ書 13件
マラキ書 0件
新約聖書
マタイによる福音書 163件
マルコによる福音書 53件
ルカによる福音書 114件
ヨハネによる福音書 128件
使徒言行録 50件
ローマの信徒への手紙 76件
コリントの信徒への手紙一 46件
コリントの信徒への手紙二 29件
ガラテヤの信徒への手紙 25件
エフェソの信徒への手紙 43件
フィリピの信徒への手紙 18件
コロサイの信徒への手紙 18件
テサロニケの信徒への手紙一 13件
テサロニケの信徒への手紙二 7件
テモテへの手紙一 16件
テモテへの手紙二 7件
テトスへの手紙 4件
フィレモンへの手紙 4件
ヘブライ人への手紙 21件
ヤコブの手紙 12件
ペトロの手紙一 21件
ペトロの手紙二 6件
ヨハネの手紙一 19件
ヨハネの手紙二 1件
ヨハネの手紙三 1件
ユダの手紙 1件
ヨハネの黙示録 24件
指定なし 0件